「禁酒法の母」は、アメリカの金太郎?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1月16日 禁酒の日

1920年1月16日にアメリカで禁酒法が施行されたことに由来する日です。

アメリカはピューリタン(清教徒)が中心になって建国された国だったので、アルコールに対してはもともと強い反発を抱いている人が少なくありませんでした。特に男性が酒場で飲んでいる間、家を守らなければならなかった女性たちの反発が強かったそうです。

中でも有名なのは1846年から1911年まで生きたキャリー・ネイションという女性で、彼女は何度も酒場や酒屋に行っては、そこをマサカリで破壊したのだそうです。・・・かなり過激です。日本人の、特に現代の感覚で言えば「異常」と思える行為ですが、彼女の墓石には「禁酒法の成立に貢献した信仰の人」と刻まれ、現在でも一部の人たちから尊敬を集めています。

・・・と、それでも1920年までは一部の州が禁酒法を採用したのみで、アメリカ全土で禁酒ということにはならなかったのですが、第一次世界大戦勃発により、「貴重な穀物をお酒に消費するのはもったいない」という声もあがり、ついに1920年にアメリカ全土で禁酒法が施行されたのでした。

しかし、カナダからのアルコール類の密輸が横行したり、「ヤミ酒」がギャングの資金源にされたり、アルコールをめぐる犯罪が多発し、1933年に廃止され、今では「悪法」の代名詞になったりもしています。

お酒は適度に、はもちろん基本ですが、禁酒も適度にということなのでしょうか。

それではまた明日。

Share
関連記事

Related Posts

おすすめ