Mr.100ドル札の「週替わり目標」

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1706年1月17日 ベンジャミン・フランクリンの誕生日

ベンジャミン・フランクリンは「アメリカ合衆国建国の父」の一人とされ、現在100ドル紙幣にその肖像が描かれているほど、尊敬を集めている人物です。政治家であるだけでなく、実業家でもあり、また学者でもありました。

アメリカ合衆国は特に建国当時は「WASP(ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント)」の国と言われたほどですから、ベンジャミンさんも例にもれずプロテスタントの信仰を持っていたようで、聖書について、こんな言葉を残しています。

青年よ、あなたへの私の忠告は、聖書を知れ、そして聖書をかたく信ぜよ、ということである

彼は「節制」「沈黙」などの13の徳をリストアップして大切にしましたが、そのリストも基本的に聖書に基づくものでした。この13のリストの1つずつを週替わりで「今週のテーマ」として定め、生活の規範としたのだそうです。たしかに、いっぺんに13の徳を守ろうとしたら大変ですけど、1つずつならできそうな気もしますよね。たとえば「ダイエット」と「早寝早起き」と「毎日の読書」と「一日一善」と・・・と、全部やろうとするよりも、「今週はこれ!」と集中して取り組んだほうが、やれる気もしてきますもんね。

ところで、昔2年半ほどアメリカで暮らしたことがあったのですが、僕は1度もベンジャミンさんの描かれたお札、すなわち100ドル紙幣をみたことがありません。日本円に換算すれば1万円札と同じくらいの価値ですが、アメリカでは普段使うのは20ドル紙幣がメインで、100ドル札はおろか、50ドル札でさえあまり見かけません。アメリカのATMで100ドルを下ろしても100ドル札は出てこず、20ドル札が5枚出てくるんです。

それではまた明日。

Share
関連記事

Related Posts

おすすめ