卑劣な脅しにも屈しなかった純潔の守護聖人 〜聖アグネスの殉教〜

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1月21日 聖アグネスの記念日

聖アグネスは西暦291年に生まれ、304年に若くして殉教した女性で、カトリック教会では純潔や少女、夫婦の守護聖人とされています。

アグネスはキリスト教の大弾圧を行ったディオクレティアヌス帝の治世に、クリスチャンの両親から生まれ、クリスチャンとして育ちました。非常に美しい少女だったので、年頃になるとあちこちから求婚されました。中でもローマの長官からの「うちの息子と結婚しろ」という圧力は強力でしたが、アグネスは「私はすでにキリストと結婚している」と心に決めて断り続けました。

するとその長官は彼女がクリスチャンであることを告発しました。ディオクレティアヌス帝の治世下でのこの告発を受けることは、死を覚悟しなければならないほどのものでした。長官は卑劣にも「棄教してうちの息子の妻になるか、さもなければ売春宿に売るぞ」と脅しましたが、それでもアグネスは屈しませんでした。それで本当に売春宿に売られてしまいましたが、神様が彼女の髪を伸ばしてその身体を覆い隠したので、どの男たちも彼女に触れることはできませんでした。そしてついにアグネスは火刑に処されることになりましたが、ここでも神様の守りによって、炎が彼女を避けたと言われています。しかし、最終的には処刑人の剣によって彼女は殉教しました。

現在でもカトリック文化圏では広い崇敬を集めており、1月20日から1月21日にかけての夜「セント・アグネス・イブ」に夕食を食べずに眠ると、夢で将来の夫を見ることができるという伝承が伝えられたりしています。

それではまた明日。

Share

おすすめ