誰もが知るあの童謡作家が、キリシタンたちに抱いた共鳴

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1885年1月25日 北原白秋の誕生日

北原白秋は日本を代表する詩人・歌人の一人であり、また多くの童謡を手掛けた童謡作家でもあります。たとえば皆様知っているでしょう「あめあめふれふれ母さんが〜♪」の歌『雨降り』は白秋さんの作品です。

白秋さんの処女作は1909年に発表された『邪宗門』という詩集です。何やら不気味な字面のタイトルですが、実はこの「邪宗門」という言葉はキリスト教を指す言葉です。豊臣秀吉や徳川家康の頃に、政権や幕府に対して都合の悪い宗教を指して「邪宗門」と呼んだので、厳密にはキリスト教だけをさすわけではないのですが、事実上はほぼキリスト教を指す言葉でした。

白秋さんは1907年に九州を旅行し、長崎や島原などでキリシタン遺跡を見て、弾圧にも負けずに信仰を貫いたキリシタンたちに感銘を受けたのだそうです。彼自身はキリスト教の信仰を持つことはありませんでしたが、自らの信条や信念を弾圧にも負けず貫くという点でキリシタンたちに共鳴し、それで処女作を『邪宗門』としたのだそうです。そしてその内容も異国情緒に満ちたもので、そこにもキリシタンたちからの影響が見られます。

 

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 2月8日「両方とも育つままにしておきなさい」

  2. 【宗教リテラシー向上委員会】 除夜の鐘のライブ配信が変えた体質 池口龍法

  3. 【今日は何の日】10月21日 あかりの日

  4. 世界で2番目に多くの言語に訳された本を書いた人

  5. 【毎日連載・最終回】思い出の杉谷牧師(18)下田ひとみ

  6. 神さまが共におられる神秘(34)稲川圭三

  7. 【ヘブル語と詩の味わい④】 「二行詩か、四行詩か」 津村俊夫(『新改訳2017』翻訳編集委員長・聖書神学舎教師)

  8. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(94)稲川圭三

  9. 【宗教リテラシー向上委員会】 共存のための住み分け再考 山森みか

  10. 大隈重信の英語の教科書は聖書だった

  11. 【毎日連載】思い出の杉谷牧師(13)下田ひとみ

  12. 5月30日「まだ、世の終わりではない」

  13. 神さまが共におられる神秘(8)稲川圭三

  14. 【連載小説】月の都(44)下田ひとみ

  15. 【宗教リテラシー向上委員会】 尼僧抜きの寺院論? 丹羽宣子

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。