日本のキリスト教化に失敗したマッカーサー元帥

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1880年1月26日 ダグラス・マッカーサーの誕生日

ダグラス・マッカーサーさんはアメリカの軍人で、第二次世界大戦で敗北した日本を1952年まで統治したGHQの最高司令官として1951年まで日本の実質上の最高権力者であった人物です。

自身も熱心なプロテスタント信徒だったこともあり、日本を統治するために、また、その後も長く平和路線を保たせるためには、日本をキリスト教国化することが必要だと考え、その統治中に2500人もの宣教師を日本に入国させたり、1000万冊の日本語訳聖書を配布したりと、多くの予算と人材をこのプロジェクトに投入しました。このことは「信教の自由」や「政教分離原則」に反すると、アメリカ本国からも日本のクリスチャンからも批判されもしましたが、マッカーサーさんは「特定の宗教に弾圧を加えているわけではない」と、反対意見を一蹴しました。

しかし、それで彼の統治中に日本のクリスチャンが増えたかと言うと、むしろ1947年には戦時中よりも減少してしまいました。1951年には戦時中と同じか、少し多いくらいまでにはなったようですが、「日本のキリスト教国化」を目指したこの計画はほぼ完全に失敗に終わったと言えます。

この失敗の背景には日本人にとってキリスト教は「占領軍の宗教」でしかなかったことが挙げられます。「あれはアメリカ人の信じている神様であって、自分達とは関係ないものだ」と多くに人に認識され、配布された聖書はタバコを巻く紙として使われてしまうこともあったんだとか。

この失敗はしかし、多くのキリスト教国を驚かせました。国を占領・統治した状態で、予算も人材も十分に注ぎ込んだにもかかわらず、ここまでの失敗を見た宣教の例は、他になかったからです。今でも日本は「世界で最もキリスト教宣教の難しい国」と言われています。
しかし、まったく意味がなかったわけではなく、現在の国際基督教大学は当時のマッカーサーさんの尽力によって建てられました。また今でも当時日本にやってきた宣教師たちをルーツとする教会が脈々と息づいています。

ちなみにマッカーサーさんは当時の日本人には人気があったようで、彼のことを親愛をこめて「松笠さん」なんて呼ぶ人もいたんだそうです。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 1月16日はエリック・リデルの誕生日

  2. 6月6日はカール・ユングの召天日

  3. 【連載小説】月の都(5)下田ひとみ

  4. 8月31日はダイアナ元妃が亡くなった日

  5. 3月1日「あなたの神である主を愛しなさい」

  6. 4月8日「神が味方であるならば、だれが敵対できますか」

  7. 2020年12月20日「見ないのに信じる人は、幸い」

  8. 信仰を封印して、神に創られた人間の愛おしさを描く 下田ひとみ『落ち葉シティ2』

  9. 世界初のバブル経済「チューリップ・バブル」 

  10. 【今日は何の日】1557年11月22日(弘治3年11月2日) 織田信長が織田信行を暗殺

  11. 今日11月14日は石原吉郎の召天日

  12. 4月8日は桃井かおりの誕生日

  13. 1月10日「みだらな思いで、見る者は誰でも」

  14. 7月18日は日野原重明の召天日

  15. 2020年10月21日「そして、ある人を使徒、とされたのです」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。