「キリスト教=ヨーロッパの宗教」のイメージはこの人から?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆814年1月28日 カール大帝の没日

カール大帝(カール1世、シャルルマーニュ)は9世紀初頭のフランク王国の王で、その領土を現在のフランス近辺から西ヨーロッパのほぼ全土へと広げ「ヨーロッパの父」とまで呼ばれる人物です。

西暦ちょうど800年のクリスマスに、サン・ピエトロ大聖堂で皇帝としての戴冠を受けました。カールはこの日のクリスマスミサに出席するために11月からアルプスを越える行軍を行いました。皇帝となってからはヨーロッパの各地に教会や修道院を建て、三位一体の教義を広め、ヨーロッパを完全にキリスト教圏にしました。この功績から、後にカトリック教会から列聖されています。

キリスト教はもともと今で言えば中東のあたりで起こりましたから、決して「ヨーロッパの宗教」ではありません。聖書に出てくる人物も多くは黒や茶色の髪をしていて、いわゆる「ヨーロッパ人」ではありません。しかし現在の日本ではキリスト教はヨーロッパの宗教、あるいは白人の宗教である、というイメージを多くの人が持っています。それはこのカール大帝の業績によるところが大きいんです。

カール大帝は「平和なくして、神を喜ばせることはできない」「私の務めは聖なるキリストの教会をつくること」と言い、国を安定させた上でキリスト教を奨励し、それ以降のキリスト教文化の土台を作りました。

ちなみに、トランプの「K(キング)」のカードは4枚ありますが、そのうちのハートの「K」のモデルになったのはこのカール大帝だと言われています。トランプで遊ぶ際には思い出していただけると幸いです。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 神さまが共におられる神秘(21)稲川圭三

  2. 2月19日はコペルニクスの誕生日

  3. 2020年9月1日「神のものは神に返しなさい」

  4. 3月30日はノラ・ジョーンズの誕生日

  5. 【今日は何の日】◆8月27日 男はつらいよの日

  6. 牧会あれこれ(5)賀来周一

  7. 2020年11月10日「だから、わたしも働くのだ」

  8. 死んでから復活したら生命保険はどうなる? 

  9. 11月21日は世界テレビ・デーとインターネット記念日

  10. 4月8日は桃井かおりの誕生日

  11. 8月14日はコルベ神父の帰天日

  12. 4月25日は初任給の日

  13. 2020年9月13日「地の果てに至るまで、わたしの証人となる」

  14. 【東アジアのリアル】 民の朝鮮半島平和協定宣言 松山健作 2020年12月25日

  15. 7月5日は2017年九州北部豪雨のあった日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。