死してなお、首を斬られたクロムウェル 

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1649年1月30日 清教徒革命でチャールズ1世が処刑された日

清教徒革命はイギリスで起こった社会革命で、王政が倒され共和制が一時的に成立しました。が、1660年には王政復古が行われ、革命は失敗に終わったと言えます。清教徒またはピューリタンと呼ばれるクリスチャンの一派がその中心になったのでこのように呼ばれます。

英語で言えばPuritanで、PureやPurityに由来する言葉ですから「純潔、純粋な人々」という意味です。「バカ正直」のような意味もあり、最初は蔑称として周りから呼ばれ始めた呼称でしたが、後に自分たちでも名乗るようになりました。

チャールズ1世は王権神授説という「王というのは神様が任命したんだから、ものすごく偉いんだ!誰も文句言うな!」立場をとった王だったので、議会と対立し、しかもわがままな政策を行なったので、この革命を引き起こしてしまい、そして1649年の1月30日に処刑されてしまいました。

しかしこの革命の指導者だったクロムウェルも、共和制の時代に御国卿となりイギリスの指導者になりましたが、その治世は失敗に終わったと言えます。1959年になくなりましたが、王政復古後の1661年、チャールズ1世が処刑された日に、「王を処刑した反逆者」として墓を暴かれ、その遺体が斬首されました。

・・・死者に鞭打つ、というか、死者の首を切るなんて恐ろしい・・・。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 【連載小説】月の都(51)下田ひとみ

  2. 【東アジアのリアル】 陳日君枢機卿の「荒野の声」! 松谷曄介 2020年11月21日

  3. 【宗教リテラシー向上委員会】 あらゆる人々を受け入れる心意気 池口龍法

  4. 6月19日「あなたがたはキリストのもの」

  5. 聖書では「弟」が祝福されることが多い?それじゃ兄の立場は?

  6. 【毎日連載】思い出の杉谷牧師(17)下田ひとみ

  7. 世界で最も愛されるクリスマス・ストーリーが生まれた日

  8. 2020年11月18日「わたしは世の光である」

  9. 【今日は何の日】1886年11月1日 萩原朔太郎の誕生日

  10. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第3回 Withコロナな日々徒然 久米小百合

  11. 6月16日「神の深みさえも」

  12. 2020年12月5日「わたしの平和を与える」

  13. 【今日は何の日】1955年10月28日 ビル・ゲイツの誕生日

  14. 【今日は何の日】1920年8月19日 ジョージ・パターソン宣教師の誕生日

  15. 2月20日「七の七十倍までも赦しなさい」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。