世界初のバブル経済「チューリップ・バブル」 

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1637年2月3日 チューリップ・バブルが崩壊した日

チューリップ・バブルというのは世界最初の投資バブルと言われた現象で、17世期、黄金時代のオランダで起こりました。チューリップは中近東原産の花で、ヨーロッパには16世紀ごろに入りました。これが大人気となってその球根が高値で取引されるようになり、球根が出荷できる状態になるのは9月でしたから、商人たちは9月を待ちきれず「9月に球根を買う権利」を売買し始めました。これが世界で初めての先物取引だそうです。最初は珍しい色のものだけが高値になったのですが、次第に珍しくない色のものまで高値となり、最盛期には球根一つが一般市民の年収の10倍もの価格で取引されたとさえ言われています。しかしバブルはいつか崩れるものです。1637年の2月3日、「あれ?チューリップってそんなに価値あるかな?」と誰かが気づいたのか、突然球根の買い手が付かなくなり、その値段は大暴落しました。

400年も昔のことですから、この事件についてはまだすべてが解明されているわけではなく、当時のオランダにどのくらいの被害がもたらされたのか、とか、いやそもそも実質的な損失はほとんどなかったのではないか、とか様々な議論が行われていますが、チューリップの価格の異常な乱高下があったことは確かなことで、今でも経済界ではバブル経済の象徴として「チューリップ・バブル」という用語が用いられます。

さてところで、聖書には「チューリップ」という言葉は一度も出てこないのですが、聖書の舞台となっている地域は中近東であり、チューリップの原産地ですから、イエス様をはじめ聖書の登場人物たちがチューリップとともに過ごしていた可能性はかなり高いのだそうです。聖書によく登場する「ゆりの花」は実はチューリップを指しているのではないかという説さえあるそうです。その説によれば、当時は植物学も今ほど発達していませんから、チューリップにせよユリにせよ、花がラッパ型をしていれば同じ言葉で表したのではないかとのことです。確かにチューリップもユリも春に咲きますし、どちらも見ると「春がきたなー!」と嬉しい気持ちになりますよね。

この長い「冬」が早く終わって、みんなで心置きなくチューリップでもユリでも見に出かけられる日が早くきますように。
それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 【トナリビトの怪】(4)怪談「ジーマー」 波勢邦生 『アーギュメンツ#3』

  2. 神さまが共におられる神秘(21)稲川圭三

  3. 1月16日「わたしたちに必要な糧を今日与えてください」

  4. 【今日は何の日】1867年7月14日 浦上四番崩れ

  5. 【宗教リテラシー向上委員会】 あらゆる人々を受け入れる心意気 池口龍法

  6. 【今日は何の日】2004年11月15日 ワイ公国建国

  7. 2020年11月2日「水と霊とによって生まれなければ」

  8. 4月9日「神は、憐みたいと思う者を憐み」

  9. 思い出の杉谷牧師(11)下田ひとみ

  10. 2020年9月21日「わたしの霊をお受けください」

  11. ミロのヴィーナスの失われた両腕が持っていたものは禁断のリンゴ?

  12. 6月6日「あの方は、ガリラヤに行かれる」

  13. 【今日は何の日】1587年7月24日 バテレン追放令発令

  14. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 自分のことはさておき人の心配をしましょう

  15. 【今日は何の日】1749年8月28日 ゲーテの誕生日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。