「ガリレオvs教会」の構図は後世の脚色だった?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1564年2月15日 ガリレオ・ガリレイの誕生日

ガリレオは地動説を唱えたことで教会と対立した、という印象がとても強いために、キリスト教を否定した人物と捉えられれてしまうことも多いのですが、彼自身は生涯カトリックの信徒でありました。

ガリレオは教会に反発したわけではなく、また教会の側も教義として「地球中心説」をとっていたわけではありません。この論争が「宗教vs科学」という端的な構図で語られるようになったのはかなり時代を下って、科学万能主義が強くなった19世紀以降のことでした。ガリレオと教会の対決の逸話は科学万能主義のプロパガンダとして脚色されたものだったんです。当時は教会に限らず、ほぼあらゆる人が「世界は地球を中心に回っている」という天動説を当然の常識として信じていましたから、これは「宗教vs科学」の問題ではなくむしろ「既存の常識vs新しい仮説」の問題でした。

ガリレオは聖書についても非常に詳しく、論理的な考察をもって当時の聖職者たちを批判したり、神学的な考察を述べたりしていたので、地動説よりもそのことが聖職者たちの怒りに触れて、有罪判決に至ったのだと近年の研究では言われています。同じように地動説を唱えたコペルニクスやケプラーは有罪判決を受けていないことからも、地動説自体が有罪とされたのではないことがわかります。地動説はガリレオを罪に問う口実に使われた側面があるんです。

また1992年には当時の教皇ヨハネ・パウロ2世が教会側の誤りを認め、ガリレオに謝罪し、その名誉も回復されました。

いつの時代も、どんなジャンルでも新しい説は叩かれやすいということです。
それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 良い結婚相手にめぐり会うには? 西岡まり子

  2. 【東アジアのリアル】 コロナ禍の韓国教会における礼拝認識の変化 李 恵源 2020年11月1日 

  3. 【クリスチャンな日々】第31回 料理にはスパイスを、人生には聖書を MARO

  4. 2020年12月10日「永遠の命とは、イエス・キリストを知ることです」

  5. 5月20日「決してそこに入ることはできない」

  6. 「英雄」ナポレオンの名前を破り捨てた「楽聖」ベートーヴェン 

  7. 世界一、むき出しで無邪気で重たい祈り「ベンツが欲しい」

  8. 2020年9月20日「彼らにその仕事を任せよう」

  9. 【連載小説】月の都(56)下田ひとみ

  10. 【東アジアのリアル】 「国家安全法」が突き付けた重い試練 倉田明子 2020年7月11日

  11. サクランボのパラドックス  〜名君フリードリヒ2世の失敗〜

  12. 【連載小説】月の都(43)下田ひとみ

  13. 6月5日「本当に、この人は神の子だった」

  14. 9月17日は松蔭女子学院の創立記念日

  15. 【毎日連載】思い出の杉谷牧師(16)下田ひとみ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。