プロレスラーは「クリスチャンらしく」ない? 

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆2月19日 プロレスの日

1954年のこの日に、日本で初めての国際的なプロレスの試合が行われました。対戦カードは「力道山・木村政彦 vs シャープ兄弟」でした。NHKと日本テレビが中継し、街頭テレビには人が殺到しました。これを皮切りに、力道山とシャープ兄弟は数々の名勝負を繰り広げました。シャープ兄弟は日本では完全に「悪役」として定着しましたが、とても日本を好きだったようです。ちなみに兄弟の兄、ベン・シャープは息子に力道山にちなんだリキという名前をつけました。

プロレスラーって、実は経験なクリスチャンだという方が少なくないんです。しかも特に「悪役」とか「ヒール」とか言われるレスラーに。日本のリングでは「悪役」になることの多い、クリス・ジェリコ選手も敬虔なクリスチャンで「イエスを愛するなら、人生はもっとROCKになる!」と言っています。また「神様はどの分野の人でも用いる」とも言っています。

ともすればついつい「クリスチャンらしい職業」と「クリスチャンらしくない職業」を分けてしまいがちな僕たちですが、神様はあらゆる職業の人を用いて御心を成し遂げるのだということを、胸に刻んでおかねばなりません。

今夜は「新日本プロレスワールド」を見ながらの夕食にしようかと思います。

それではまた明日。

Share

おすすめ