機嫌よくいることは難しいことなんです。とりあえず笑いましょう。

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1868年3月3日 アランの誕生日

アランはフランスの哲学者で、その主著『幸福論』はヒルティ、ラッセルと並んで「三大幸福論」と呼ばれ、現代社会にも大きな影響を与えています。たとえば「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」なんて現代でも時々聞きますけれど、これを最初に言ったのはアランです。ちなみにアランというのはペンネームで、本名はエミール・オーギュスト・シャルティエと言います。

アランによれば、人間は放っておくと不機嫌とか不幸になってしまう性質を持っているので、意識して自分を機嫌良く、幸せにする必要があります。また、多くの不機嫌は実は精神的な原因ではなく、身体の不調が原因なので身体を鍛えたり整えたりすることも必要だと説いています。「笑うから幸せ」という言葉はこれらの考えに由来するものです。

聖書にも「いつも喜んでいなさい」という教えがありますが、2000年前から、「機嫌良くいること」は簡単なことではなかったのでしょう。だからイエス様もこんな教えを説いたんです。簡単にできることならわざわざ教える必要はありませんから。

またアランも「われわれは現在だけを耐え忍べばよい。過去にも未来にも苦しむ必要はない。過去はもう存在しないし、未来はまだ存在していないのだから」とも言っています。これも「明日のことを心配してはいけない」というイエス様の教えと通じます。

人間には幸か不幸か、過去を振り返ったり未来を予想したりする能力が備わっています。この能力によって、不機嫌や不幸になりやすくできています。だからできるだけ「今」にフォーカスして「今」を機嫌良く生きることで幸せになろう、というのがアランとイエス様に共通する幸福論なのかもしれません。

ランチは何を食べたら機嫌いいか、考えます。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 7月9日はトム・ハンクスの誕生日

  2. 5月5日は立教大学の創立記念日

  3. 4月23日はサン・ジョルディの日

  4. 12月28日は山本覚馬の召天日

  5. 世界で2番目に多くの言語に訳された本を書いた人

  6. 6月2日はプール学院の創立記念日

  7. 3月21日「信仰を通して実現されるのです」

  8. 11月22日はC・S・ルイスの召天日

  9. 2月27日は中村うさぎの誕生日

  10. 9月1日は関東大震災が発生した日

  11. キリスト教界のスーパー音楽プロデューサーは、世界最古のゴスペルミュージシャン?

  12. 5月24日は小沢一郎の誕生日

  13. 2020年7月27日「今こそ、救いの日」

  14. 英雄を真に英雄たらしめるのは「敗北」です。

  15. 【今日は何の日】1884年8月5日 「自由の女神」の建築開始

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。