大隈重信の英語の教科書は聖書だった

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1838年3月11日 大隈重信の誕生日

大隈重信は第17代内閣総理大臣として、そして早稲田大学の創立者として有名な方で、いくらか昔、五万円札の発行が検討された際には、その肖像画に使われるのではないかと話題にもなりました。

大隈さんは1861年ごろ、長崎で活動していた宣教師、フルベッキに師事して英語を学びましたが、その教材となったのは聖書とアメリカ合衆国憲法だったそうで、わずか1年と少しでその両方を英語で読破したと言われています。アメリカ合衆国憲法の思想はその後の大隈さんに大きな影響を与えました。一方で聖書については興味を持ち尊重はしたものの、キリスト教の信仰を持つには至りませんでした。

現在でも聖書は英語の良い教材になります。もちろん初学者には少し難しすぎますが、ある程度英語を読めるようになってからは、英語で聖書を読むと、砕けた言葉ではない「丁寧で格調高い」英語を学ぶことができます。また、日本語の聖書で「よく意味がわからないな」という箇所も英語で読むと意外とあっさり「ああ、こういうことだったのか!」とわかることもあります。

聖書に限らず、自分の興味のある分野の書物で外国語を学ぶことは、その分野の学問も外国語も同時に学ぶことができて一石二鳥ですよね。

それではまた明日。

 

 

Share

Related Posts

  1. 【今日は何の日】11月26日 いい風呂の日

  2. 【今日は何の日】9月18日 ナショナル・チーズバーガー・デー

  3. 【東アジアのリアル】 民の朝鮮半島平和協定宣言 松山健作 2020年12月25日

  4. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第8回 アメリカにて

  5. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 外国籍の教会員が増えてきた時に必要な備えは? 上林順一郎

  6. 5月20日は世界計量記念日

  7. 2020年8月20日「人々を連れて来て、この家をいっぱいに」

  8. 3月23日「自分自身を罪に定めている」

  9. 牧会あれこれ(7)賀来周一

  10. 【東アジアのリアル】 コロナ禍の韓国教会における礼拝認識の変化 李 恵源 2020年11月1日 

  11. 3月14日は栗原小巻の誕生日

  12. 7月23日はふみの日

  13. 【今日は何の日】紀元前539年10月17日 キュロス2世がバビロン入城

  14. 8月27日は宮澤賢治の誕生日

  15. 2020年8月18日「来年は実がなるかもしれません」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。