「平民宰相」は『鬼滅の刃』の総理大臣?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1856年3月15日 原敬の誕生日

原敬は第19代内閣総理大臣で、在任期間は1918年から1921年ですから大正時代の中頃で、ちょうど『鬼滅の刃』の舞台になった頃です。

原敬は17歳で洗礼を受けたクリスチャンでした。若い頃は聖職者を目指していたそうです。キリスト教に親しんだきっかけは、家が盗難にあってそれまで通っていた学校に資金難で通えなくなり、無償で学ぶことができたカトリック神学校に転校したからだそうで、盗難さえも益に変える神様のパワーと言えます。

彼は「平民宰相」と呼ばれて、国民から親しまれました。これは華族の爵位を何度も断って、平民であり続けたことからつけられたニックネームです。爵位を断り続けたのには、キリスト教の「人は神の前で皆、平等である」という思想の影響があったかもしれません。

しかし1921年11月4日、東京駅で暗殺されてしまいました。彼の死には政敵であった西園寺公望も嘆き、「原は人のためにはどうだったか知らぬが、自己のために私欲を考える男ではなかった」と評価したと言います。

それではまた明日。

 

 

Share

Related Posts

  1. 【連載小説】月の都(23)下田ひとみ

  2. 2月23日「皆の僕(しもべ)になりなさい」

  3. 1月20日「空の鳥を見なさい」

  4. 10月7日はミステリー記念日

  5. 【今日は何の日】1899年8月13日 アルフレッド・ヒッチコック誕生日

  6. 【今日は何の日】1849年9月26日 イワン・パブロフの誕生日

  7. 2020年8月22日「一緒に喜んでください」

  8. 【宗教リテラシー向上委員会】 〝自粛警察〟の取り締まりを変革の好機に 池口龍法 2020年7月21日

  9. 【東アジアのリアル】 コロナ禍において対面礼拝を模索する韓国教会 李 相勲

  10. 2020年8月3日「神が抱いておられる熱い思い」

  11. 【東アジアのリアル】 「私は私でない私」:台湾元総統李登輝逝く 高井ヘラー由紀 2020年10月11日

  12. 2020年9月21日「わたしの霊をお受けください」

  13. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第3回 Withコロナな日々徒然 久米小百合

  14. 【インタビュー】作家・下田ひとみさん 小説の作り手として、万物の造り手である神様のことを思いながら(後編)

  15. 6月16日は矢嶋楫子の召天日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。