ドイツ哲学のキーパーソンは『車輪の下』の大先輩

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1770年3月20日 ヘルダーリンの誕生日

ヘルダーリンは18世紀ドイツの思想家・詩人で、日本ではあまりその名は知られていませんが、ヘーゲルやシェリングと親交し、また後のニーチェやハイデッガーの思想に影響を与えた、思想史、特にドイツ哲学界においては大きな意味のあるキーパーソンです。

説教師の父と、牧師の娘であった母から生まれ、彼自身も経験なクリスチャンとして育ち、聖職者になるために神学校に通いました。この学校はヘルマン・ヘッセの有名な『車輪の下』の舞台になった学校です。もっともヘッセが舞台としたのはヘルダーリンが卒業してから100年も後のことではありますが。

しかし、大学を卒業すると聖職者になることを拒否して家庭教師になりました。大学でスピノザを学んだことが大きく影響したようです。スピノザは神様を否定はしませんでしたが、「神様というのは自然そのもののことである」と神の人格を否定する汎神論の立場をとります。ですからヘルダーリンも神様自体は否定しませんでしたが、人格神を中心とする教会の聖職者になるのは拒否したのかもしれません。もしかしたら単純に「聖職者じゃなくて詩人になりたい!』と思っただけかもしれません。ヘルマン・ヘッセは「詩人になるか。そうじゃなければ何者にもなりたくない」との言葉を残しましたが、そうだとすればこの言葉は大先輩のヘルダーリンの影響だったかもしれません。

 

それではまた明日。

 

 

Share

Related Posts

  1. 【連載小説】月の都(53)下田ひとみ

  2. 2020年12月21日「わたしを愛しているか」

  3. 神さまが共におられる神秘(41)稲川圭三

  4. 【今日は何の日】◆1769年8月15日 ナポレオン・ボナパルト誕生日

  5. 【宗教リテラシー向上委員会】 あらゆる人々を受け入れる心意気 池口龍法

  6. 【クリスチャンな日々】第29回 コロナ時代の「目標」の立て方 MARO

  7. 4月21日「権威は、神によって立てられたもの」

  8. 【毎月1日連載】牧会あれこれ (27) コロナ禍の中のクリスマスプレゼント

  9. 【クリスチャンな日々】第6回 寒いけど、陽(ひ)は確実に伸びています。 MARO

  10. アイルトン・セナという生き方

  11. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第2回 ライブハウスにて

  12. 信仰を封印して、神に創られた人間の愛おしさを描く 下田ひとみ『落ち葉シティ2』

  13. 4月11日「神の義に従わなかったから」

  14. 6月8日「不信仰とかたくなな心をおとがめになった」

  15. 【連載小説】月の都(22)下田ひとみ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。