物事の認識のために、避けるべきは偏見か偶像か。

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1626年4月9日 フランシス・ベーコンの召天日

近世以降の哲学者というと「神を否定し、科学を肯定した」というようなイメージを持たれがちですが、実は彼らの多くは少なくとも個人的にはキリスト教徒でした。イギリス経験論の祖とされるフランシス・ベーコンもその一人で、敬虔なプロテスタントの家に育ち、彼自身も強い信仰を持っていました。

彼の思想に登場する、人間が物事を認識する時に邪魔になる「4つのイドラ」という概念がありますが、この「イドラ」という言葉、日本語では「偏見」とか「先入観」と訳されるのですが、元々はキリスト教の「偶像」と同じ語です。このことからも、彼の思索がキリスト教信仰に立脚していることが分かります。

物事を正しく認識するには先入観を捨てなければいけない、と言われると日本人でも納得しやすいですが、偶像を排せよと言われるとちょっと分かりにくくなりますよね。でも、反対にいえば「偶像を避けなさい」というのは「先入観や偏見を避けなさい」とも読み替えられることもあります。もちろん「逆は必ずしも真ならず」で、常にこう読み替えられるわけではありませんが、この読み替えが理解の助けになることもあるかと思います。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 【今日は何の日※臨時】2020年9月27日 正代が熊本県出身初の優勝力士になった日

  2. 【今日は何の日】1947年9月21日 スティーブン・キングの誕生日

  3. 児童福祉の現場から3 「助けて」と「ありがとう」を言える人

  4. 日本じゃなくても四季はあるけど、聖書には「春」がありません。

  5. 6月28日はルーベンスの誕生日

  6. 2020年12月5日「わたしの平和を与える」

  7. 2020年10月24日「主に向かって心からほめ歌いなさい」

  8. 2020年11月20日「神の業が、現れるため」

  9. 神さまが共におられる神秘(22)

  10. 4月21日は北城恪太郎さんの誕生日

  11. モアイはどうやって立ったのか

  12. 2020年12月23日「救い主である神を喜びたたえます」

  13. 2020年11月6日「霊と真理を持って父を礼拝する時が来る」

  14. 3月31日「神の愛が、心に注がれている」

  15. 街の人々の時計がわりになった偉大な哲学者

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。