メジャーリーグの「人種の壁」を壊したジャッキーとリッキー

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1947年4月15日 ジャッキー・ロビンソンがMLBの試合に初出場

ジャッキー・ロビンソンはアメリカのメジャーリーグに初めて出場した黒人として有名な人です。彼以前のメジャーリーグは選手がすべて白人で、アジア人を含め有色人種はいませんでした。現在、メジャーリーグで日本人選手が活躍しているのも、歴史を辿ればジャッキー・ロビンソンが拓いた道なんです。

彼の背番号「42」は、現在メジャーリーグのすべてのチームで永久欠番とされ、彼自身も野球殿堂に入り、4月15日は「ジャッキー・ロビンソン・デー」としてこの日はメジャーリーグのすべての選手が背番号「42」をつけてプレイします。
ブルックリン・ドジャース(今のロサンゼルス・ドジャース)の会長だったブランチ・リッキーという人はメソジストのクリスチャンで、「人種差別は聖書に反している」と考えていましたし、ドジャースにも新たな戦力が必要でした。そこで当時メジャーリーグと別にあったニグロリーグ(黒人選手のリーグ)で好成績を挙げていたジャッキーをスカウトしました。多くのスタッフの反発はありましたが、リッキーはジャッキーと「何をされても決して仕返しをしない」と約束し、契約までこぎつけました。ジャッキーもメソジストのクリスチャンであったので、この「仕返しをしない」というイエス・キリストの言動にも通じる約束は通りやすかったのかと思われます。そしてそれを忠実に守りました。

彼が受けた差別は耐えがたいものでしたが、その中で1947年と1949年には盗塁王、1947年の首位打者にも輝いています。現役の通算打率でも1382試合で打率.311、本塁打137、盗塁197と、輝かしい成績を残しました。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 4月24日「強くない者の弱さを担う」

  2. 3月2日「だれの子だろうか」

  3. 6月19日は桜桃忌(太宰治の命日)

  4. 機嫌よくいることは難しいことなんです。とりあえず笑いましょう。

  5. 神さまが共におられる神秘(39)稲川圭三

  6. 【東アジアのリアル】 李登輝を送る台湾社会とキリスト教 藤野陽平 2021年1月21日

  7. 2月24日「『何をしてほしいのか』と言われた」

  8. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第1回 聖書の饗宴

  9. 6月14日は世界献血者デー

  10. 【今日は何の日】8月7日 バナナの日

  11. 4月28日はシンドラーの誕生日

  12. 11月16日は茨城キリスト教大学と青山学院大学の創立記念日

  13. 2020年11月4日「だから、わたしは喜びで満たされている」

  14. 10月3日は九州ルーテル学院の創立記念日

  15. 【インタビュー】作家・下田ひとみさん 小説の作り手として、万物の造り手である神様のことを思いながら(後編)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。