ドン・キホーテとヨブとさんまさん

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1616年4月23日 ミゲル・デ・セルバンテス逝去

セルバンテスさんは、あの有名な『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』を書いた人です。シェイクスピアもドン・キホーテのファンだったとか。

作中のドン・キホーテの口癖に、「裸で生まれて、今また裸になった。何の損も得もしちゃいない」というのがありますが、聖書にも似たようなことが書いてあります。ヨブ記の主人公、ヨブは一夜にして家族も財産も健康も奪われましたが、そのときにこう言いました。「私は裸で母の胎から出て来た。また裸でかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。(ヨブ1:21)」

同じようなことを言っているのにドン・キホーテには楽天家なイメージ、ヨブには信仰深い人のイメージを抱きますが、もしかしたら信仰深いことと楽天的であることは一つなのかもしれませんね。信仰深いというのは「神様がいるんだから大丈夫!」と信じることでもありますから。

そういえば明石家さんまさんも「生きてるだけで丸儲け」って、似たようなことを言っていましたね。「人間生まれて来たときは裸。死ぬときにパンツ一つはいてたら勝ちやないか」と。

なかなか明るい気持ちになりにくい時代ですが、こんな風に思うと元気も出て来ますよね。セルバンテスは「ドン・キホーテ」のヒットにも関わらず、版権をあまりに安く売ってしまったために生涯貧しいままで、マドリードの借家で息を引き取りましたが、きっとパンツははいていたでしょうから、人生勝ち組ですね!

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 3月8日はニコライ堂の成聖式が行われた日

  2. 1月1日「イエス・キリストの系図」

  3. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 はじめて聖書を読むかたへ(3)読む時の注意点

  4. 9月28日は関西学院大学の創立記念日

  5. 【今日は何の日】2013年10月13日 やなせたかしさん没

  6. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第2回 天国のどんぶり

  7. 【今日は何の日】10月9日 熟睡の日

  8. 【今日は何の日】1913年11月7日 アルベール・カミュの誕生日

  9. 【インタビュー】作家・下田ひとみさん 小説の作り手として、万物の造り手である神様のことを思いながら(後編)

  10. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第10回 ブラジルにて(前編)

  11. 10月23日は宋美齢の召天日

  12. 「デッカンショー♫」の最後の巨人。世界を作ったのは神でなく「意志」である。 

  13. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(92)稲川圭三

  14. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(18)賀来周一

  15. 物事の認識のために、避けるべきは偏見か偶像か。

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。