ギロチンの導入は死刑廃止への第一歩だった?

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1792年4月25日 フランスでギロチンでの処刑が採択された日

ギロチンでの処刑は現在では残酷な刑罰の代名詞のようなイメージで捉えられていますが、この方法をはじめに採用した理由は「残酷な刑罰を避けるため」でした。

ギロチン以前のフランスでは、受刑者の身分によって死刑の方法が異なっていました。比較的苦痛が少ないとされる断首で処刑されるのは貴族階級だけで、平民は良くても縛り首、場合によっては八つ裂きなどの刑に処せられていました。断首の場合も処刑人の技量不足で切り損ねた場合などは多大な苦痛を伴いました。確実に苦痛なく処刑されるには、腕のいい処刑人を雇わねばならず、それができるのは貴族でもごく一握りでした。

これを問題に思ったのがギヨタン博士という人で、イエズス会で人文を学んだ人でした。彼は「人の死は平等でなくてはならない」と考えました。死を前にすればあらゆる人は平等であるというのは聖書の教えることにも沿うことです。
そこで、すべての人が最高級の貴族と同じように尊厳を持って、必要以上の苦痛なく処刑されるためのシステムとして、ギロチンの開発と導入を提案しました。また、彼は最終的には死刑制度の廃止することを理想としていました。死刑廃止に向けての第一歩として、まずは残酷な死刑を廃止するという意図でギロチンが提案されたんです。

「死刑の象徴」とさえ思えるギロチンを、死刑廃止論者が採用したというのは意外な話です。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 3月1日「あなたの神である主を愛しなさい」

  2. 4月7日「将来、現されるはずの栄光」

  3. 2020年9月20日「彼らにその仕事を任せよう」

  4. 【クリスチャンな日々】第33回 クリスチャンには「うっせぇわ」が足りない MARO

  5. 【夕暮れに、なお光あり】 フーテンの寅とイエス 細川勝利

  6. 街の人々の時計がわりになった偉大な哲学者

  7. 4月30日「神の国は近づいた」

  8. キリスト教は「二大教派」ではなく、「三大教派」なんです。 

  9. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(24)「私の死と私の物語

  10. 【今日は何の日】7月17日 アンゲラ・メルケル首相の誕生日

  11. 【今日は何の日】1555年9月25日 アウグスブルクの和議

  12. 2020年8月10日「人の子には枕する所もない」

  13. 神さまが共におられる神秘(59)稲川圭三

  14. 9月7日は泉鏡花が亡くなった日

  15. 神さまが共におられる神秘(17)稲川圭三

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。