マリアの象徴には毒がある。

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆5月1日 スズランの日

フランスでは毎年5月1日に、日頃世話になっている人にスズランの花を贈る風習があるのだそうです。

スズランはイエスの母マリアの象徴でもあります。イエスが十字架で処刑された時にマリアが流した涙がスズランの花になったのだという伝説があり、それで今でもスズランの花言葉には「純潔」とか「純粋」とか「癒し」とか、マリアを連想させるようなものがいくつも含まれているんです。また「幸福の再来・復活」という花言葉もあり、これはイエスの十字架からの復活を思わせるものです。

一方でスズランは毒を持った危険な花でもあります。かなり強い毒で、スズランを活けた花瓶の水を飲んだだけで中毒症状を起こすケースもあるのだそうです。

綺麗な花にはご用心。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 1月14日「御国が来ますように」

  2. 11月20日は長島愛生園が発足した日

  3. 2月7日「大草原の小さな家」の作者

  4. 風呂好きキリシタン大名の最期はクリスチャンのお手本

  5. 2月24日「『何をしてほしいのか』と言われた」

  6. 1月7日は大阪女学院の創立記念日

  7. 1月6日は吉田満の誕生日

  8. 【今日は何の日】1557年11月22日(弘治3年11月2日) 織田信長が織田信行を暗殺

  9. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第2回 天国のどんぶり

  10. 【今日は何の日】1月21日は平安女学院の創立記念日

  11. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第11回 ブラジルにて(後編)

  12. 5月13日はスティーヴィー・ワンダーの誕生日

  13. クラファン応援!限定公開【大頭眞一の「焚き火」日記】 石川ヨナ之巻(4) 2020年10月21日

  14. 6月24日はドレミの日

  15. 塀の中からハレルヤ!(5) 憧れの東京で自分を見失った半生から逆転人生へ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。