イエス様は雨でも傘をささなかった

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆6月11日 傘の日

6月11日に暦の上での「入梅」を迎えることが多いということから、日本洋傘振興協議会が1989年に制定した記念日です。

ところで、聖書には「傘」という単語は一度も出てきません。イエス様をはじめ、聖書の登場人物達は雨が降ったらどうしていたのでしょう。まだ当時は傘が発明されていなかったのでしょうか。・・・と調べてみたら、傘自体は紀元前4000年頃のエジプトには既にあったようですが、もっぱら日傘として使われ、雨具としては使われていなかったのだそうです。雨具として傘が用いられるようになったのは17世紀頃のことだと言われています。それまでの人たちは「雨が降ったら外に出ない」「雨宿りをする」「諦めて濡れる」が基本だったようです。

Photo by Saffu on Unsplash

ですからイエス様も雨傘をさすことはなかったはずです。まぁ、イエス様なら雨に「やめ!」と命令してやませてしまうこともできたかもしれませんが。それに、聖書では基本的に雨は「良いもの」とか「恵み」として扱われていますから、むしろ雨が降るとみんな喜んで浴びたりしていたのかもしれません。もちろん、ノアの洪水ほどの雨なら話は別ですけど。そもそもノアの洪水ほどの雨だったらもう傘をさすとかそういうレベルの問題ではありません。なにせ雨具として船を作らないといけなかったレベルですから。

ちなみに現代でも世界では雨が降っても傘をささないという人たちがたくさんいます。むしろ小雨でも傘をさす日本人の方が少数派のようです。

そろそろ東京も梅雨入りですかね。

それではまた明日。

Share

Related Posts

  1. 2020年12月16日「成し遂げられた」

  2. 【連載小説】月の都(36)下田ひとみ

  3. 4月13日「良い知らせを伝える者の足は」

  4. 9月11日は米同時多発テロ事件が起きた日

  5. 【聖書の不思議あれこれ!】第10回 兄弟ケンカの結末は? 泣くな、カイン!(後編) パダワン青木

  6. 若かりし野口英世の「教会の恋」

  7. 2月28日「どうして礼服を着ないでここに入って来たのか」

  8. 宇宙飛行士は宇宙で祈ってはいけない?

  9. 神さまが共におられる神秘(72)稲川圭三

  10. 【東アジアのリアル】 コロナ禍にみる中国宗教界の思惑と底力 佐藤千歳

  11. 6月8日はフランク・ロイド・ライトの命日

  12. 「Go To」から「Go Beyond」へ 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第7回

  13. 【聖書の不思議あれこれ!】第4回 「罪」ってナニよ? その2 パダワン青木

  14. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(84)稲川圭三

  15. 2月22日「わたしは、同じように支払ってやりたいのだ」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。