長崎古町教会創立100周年、フルベッキ宣教師来崎記念碑建立除幕式

 

日本基督教団・長崎古町(ふるまち)教会(長崎市)は2日、創立100周年記念式典において、フルベッキ宣教師来崎記念碑建立除幕式を行った。碑は高さ約1メートルの御影石製で、フルベッキ夫妻の肖像画などが刻まれている。

フルベッキ宣教師来崎記念碑(写真:長崎古町教会提供)

ギドー・フルベッキ(1830~98年)は、オランダから米国に移住し、S・R・ブラウンらと共に米国オランダ改革派教会の宣教師として、幕末の1859年に来日した。最初、長崎で英語を教えながらバイブル・クラスを開いていたが、やがて明治新政府の招きで開成学校(現在の東京大学)の教師になり、後に明治学院大学の理事長も務めた。

フルベッキ宣教師来崎記念碑建立除幕式(同)

長崎古町教会は、禁教令が廃止された翌1874年、上京するフルベッキの後任、ヘンリー・スタウト宣教師により、長い間の願いだった最初の教会堂が梅香崎町に建てられられたのが始まり。その後、1919年、ミッション・ボードが現在地に教会の土地建物を得て、長崎古町弘道館伝道所としてルーマン・シェファー宣教師が宣教を開始した時から数えて100年目となる。長崎市の旧市街中心部、有名な眼鏡橋から少し川上にある。

教会前庭であった除幕式では、教会員が作詞し、長崎在住のジャズ・ピアニスト、小國雅香(おぐに・もとか)さんが作曲した100周年記念賛美歌を皆で賛美した。

浅場知毅牧師(同)

その後、浅場知毅(あさば・ともき)主任牧師(39)が次のようにあいさつした。「フルベッキ宣教師は近代日本の形成に大きな影響を与えた歴史的人物です。と同時に、何よりも福音を伝える宣教師として来日しました。私たちも、フルベッキ宣教師が伝えた信仰と伝道スピリットを受け継いでいきたい。教会の内外の方々と共に記念することができて感謝です」

Share

Related Posts

  1. 日本ホーリネス教団、「緊急事態宣言」への対応 一律ではなく各教会で自主的な対策を 

  2. ウェスレアン・ホーリネス神学院、2人の伝道者を送り出す

  3. 日本福音同盟創立50周年感謝会、68年の創設に関わった尾山氏らも挨拶

  4. 【速報】日本基督教団総会議長に石橋秀雄氏が再選 副議長に久世そらち氏

  5. 『聖書 聖書協会共同訳』が銀座・教文館などで発売開始

  6. 2019年、文化庁が発表した最新のクリスチャン・教会数は?(後編)都道府県別ランキング

  7. 孤独に疲れている日本人がキリストにつながっていることを伝えたい 救世軍司令官ケネス・メイナー氏に聞く

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】日本宣教における「マンガ聖書」(対訳)

  9. クリスマス見本市 初のオンライン開催で各社が動画を公開 2020年10月6日

  10. 日本基督教団、牧会者とその家族のための相談電話、メール相談を呼びかけ

  11. 有名建築家が手がけた「近代モダニズム建築」日本基督教団・西条栄光教会の牧師館 完成見学会

  12. コロナ禍で来秋に延期 第59回聖書和訳頌徳碑記念式典

  13. ハーベスト・タイム・ミニストリーズ インターネット・ミニストリーから見えてくる可能性(後編)

  14. キリスト教一致祈祷週間、18日から25日まで テーマは「ただ正しいことのみを追求しなさい」

  15. 安藤忠雄氏設計の「光の教会」に被害も「光の十字架」は守られる 大阪北部地震

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。