1月14日「御国が来ますように」

御国が来ますように。(マタイ6:10)

「御国」とは、神が義と愛をもって支配する国である。主イエスは、「神の国は近づいた。悔い改めて、福音を信じなさい」(マルコ1:15)と宣教し、人々を神の国に招いた。福音とは、主イエスの死と復活によって、神が人を罪から贖(あがな)い、神の御手に取り戻す「良き知らせ」である。福音を聞いて、主イエスを信じる者は、神の義と愛の御手の中にいる。神の国はすでに始まっている。神の国は、主イエスを信じ、主と共にいる世界である。

ところが、自分はそれほど罪深くないと思い込んでいる人、この世の営みに没頭している人、社会的立場にこだわっている人は、主イエスの招きを拒絶した。主の招きに応えたのは、貧しい人、病人、社会からはじき出されていた人々であった。主イエスは病人を癒(いや)し、打ちひしがれている者を立ち上がらせるご自分のわざを示して、「神の国が到来している」と言った。主によって神の救いがもたらされるところ、そこに神の国は始まっている。

私たちは人と比べて、「自分はまともな人間だ」、「自分は間違ったことをしていない」と思っている。しかし聖書は、「正しい者はいない。一人もいない」(ローマ3:10)と宣言する。神の目には、だれ一人として罪の赦(ゆる)しを必要としない者はいない。また、だれでも主なる神と結ばれなければ、魂は満足しない。「御国が来ますように」とは、第一に、神なしに生きようとする自分の罪を知って悔い改め、「神の国に生きる者にしてください」という祈りである。第二に、すでに始まっている神の国は、終わりの日に完成するという神の計画を信じる者たちが、その日を強く待ち望む祈りである。

Share

Related Posts

None found

  1. 【連載小説】月の都(34)下田ひとみ

  2. 2020年7月22日「憐れみを受けた者として」

  3. 【毎日連載】思い出の杉谷牧師(16)下田ひとみ

  4. 2020年12月18日「わたしは主を見ました」

  5. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 一度に複数のことをこなす「マルチタスク」が苦手な理由

  6. 【今日は何の日】1878年9月22日 吉田茂の誕生日

  7. 2020年9月26日「熱心な祈りがささげられていた」

  8. 【連載小説】月の都(47)下田ひとみ

  9. 英雄を真に英雄たらしめるのは「敗北」です。

  10. 2020年9月5日「起きて祈っていなさい」

  11. 【東アジアのリアル】 マレーシアの「華人教会」? 葉 先秦

  12. 神さまが共におられる神秘(68)稲川圭三

  13. 塀の中からハレルヤ!(4) 叶わなかった親孝行

  14. 2020年9月24日「神は、お示しになりました」

  15. 5月17日「自分の命を失ったら、何の得があろうか」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。