2020年8月20日「人々を連れて来て、この家をいっぱいに」

 

通りや小道に出て行き、無理にでも人々を連れて来て、この家をいっぱいにしてくれ。(ルカによる福音書14章23節)

 

主イエスは「神の国」をしばしば祝宴に譬(たと)えた。なぜ主イエスは神の国を祝宴に譬えられたのか。人々と食卓を囲む祝宴は、喜ばしい交わりの場所だからである。神の国は主イエスに招かれ、主と共にいる喜びの場所である。祝宴を準備して、「もう用意ができましたから、おいでください」(17節)と招く譬えの主人は神である。神は神の国を用意して、人々を招く。ところが招待された人々は、次々と断った。人々はこの世の絆に固く縛られ、神の国よりも仕事や家庭のほうが大事であった。主人は人々に断られて怒るが、祝宴を中止しない。主人は今日の聖句を語って、僕(しもべ)を遣わす。これは「すべての人が救われて、真理を知るようになることを望んで」(Iテモテ24)、ご自分を低くし、あらゆる手段を尽くして、人々を招く神の熱い愛の言葉である。

しかし、「あの招かれた人たちの中で、わたしの食事を味わう者は一人もいない」(24節)という言葉によって、神の招きに応えるのは「貧しい人、体の不自由な人、目の見えない人、足の不自由な人」(21節)であって、富める者ではないことが語られる。富める者はこの世の絆に縛られているので、神の招きを無視してしまうのである。ある神学者はこの聖書を解き明かして、「われわれはだれであるか。われわれは富める人間である」と言う。私たちは神を無視する富める人間でもあると自己理解して、神の招きに備えなければならない。死の彼方(かなた)に永遠の世界があること、この世の事だけが人生のすべてではないことを知らなければならない。神の招きを断る者は、永遠の運命について自らが責任を負わなければならない。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年9月2日「わたしの言葉は決して滅びない」

  2. 3月4日「あなたたち偽善者は不幸だ」

  3. 2020年8月29日「へりくだる者は高められる」

  4. 3月22日「これを通して神を知ることができます」

  5. 2月9日「畑に宝が隠されている」

  6. 2020年9月30日「バルナバは、連れていきたいと思った」

  7. 2020年11月9日「起き上がりなさい」

  8. 2020年10月12日「イエス・キリストについて教え続けた」

  9. 2月1日「悔い改めなかったので、叱り始めた」

  10. 1月16日「わたしたちに必要な糧を今日与えてください」

  11. 2020年9月13日「地の果てに至るまで、わたしの証人となる」

  12. 2月17日「子どものようにならなければ、天の国に入ることはできない」

  13. 2020年12月17日「見て、信じた」

  14. 2月25日「見よ、お前の王が、おいでになる」

  15. 2020年12月11日「すべての人を一つに」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。