2020年8月26日「モーセと預言者に耳を傾けないのなら」

 

し、モーセと預言者に耳を傾けないのなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう。(ルカによる福音書16章31節)

主イエスは、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた金持ちと、彼の門前に横たわっていた貧しいラザロの話をした。ラザロは死んで、天の住まいに連れて行かれた。次に、金持ちも死んだ。死後、彼を待っていたのは陰府(よみ)であった。彼はもだえ苦しみ、憐(あわ)れみを乞うが、死後の運命は変更できない。金持ちは自分の兄弟たちが陰府に来ないように、ラザロを遣わしてほしいと頼んだ。これに対する答えが今日の聖句である。

「モーセと預言者」とは、聖書のことである。聖書に聞かない者は、死者の中から生き返った者が語っても、悔い改めないというのである。聖書のみが、死後の運命を決定する神の言葉である。金持ちはこの世の楽しみを追い求め、神と聖書を軽蔑していたので、陰府に落とされた。

主イエスは彼が金持ちであるという理由で陰府に落とされたと言っていない。金持ちは自分の楽しみのためだけに富を使って、彼の門前にいたラザロのために使わなかった。主イエスは私たちが金持ちであるなしに関係なく、お金を隣人のために使うことを求められる。私たちは主に従う弟子となって、自己中心の人間から隣人のことを考える人間に変えられた。特に、主から隣人と福音の喜びを分かち合う使命をいただいて、隣人のためにお金と体を使う人間にされた。それゆえ、献金は私たちにとって義務でも強制でもない。自分で決めた通りに献(ささ)げる自発的なものである。私たちは献金することによって、お金から自由にされ、神に仕えて、お金を活用する。

Share

Related Posts

None found

  1. 今日7月9日はウィンブルドン大会第1回大会が開催された日

  2. 機嫌よくいることは難しいことなんです。とりあえず笑いましょう。

  3. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(18)賀来周一

  4. 4月8日「神が味方であるならば、だれが敵対できますか」

  5. 2020年10月1日「すぐに、出発することにした」

  6. 牧会あれこれ(11)賀来周一

  7. 2020年11月11日「死から命へと移っている」

  8. 牧会あれこれ(10)賀来周一

  9. 【今日は何の日】1378年9月20日 西方教会大分裂

  10. 2020年8月6日「貧しい人は福音を告げ知らされている」

  11. 牧会あれこれ(8)賀来周一

  12. 3月31日「神の愛が、心に注がれている」

  13. クラファン応援!限定公開【大頭眞一の「焚き火」日記】 石川ヨナ之巻(3) 2020年10月11日

  14. 【今日は何の日】7月15日 レンブラントの誕生日

  15. 天気予報でお馴染みのお兄さんが語る「神を信じるのと信じないのとどっちが得か」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。