1月2日「その子をイエスと名付けなさい」

「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである」(マタイ1:21)

「マタイによる福音書」は、マリアによってキリストが生まれたと伝える。キリストの処女降誕を聞いて、現代の人々は「そんなことはあり得ない」、あるいは「おとぎ話」と決め、気にも留めないかもしれない。しかし、世界の出来事は人間だけによって動かされているのではない。世界は神が支配し、神の霊が働いているのである。

マタイは主イエスの誕生を、「マリアに宿った子は聖霊の働きによる」(20節)と語る。それは、神の意思に背いている人類をその罪から救う神の出来事である。神の意思は人間の良心に刻まれており、またモーセの律法を通して示されている。主イエスは神の意思を、「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛せよ。また隣人を自分のように愛せよ」と言った。

神はイエス・キリストを通して、私たちの罪を赦(ゆる)す救いを現された。私たちは神と向き合い、神の言葉を聞かなければならない。そうすれば、自分がいかに罪人であるかを知り、キリストによる罪の赦(ゆる)しを恵みとして受けるのである。聖霊は私たちに神の愛を確信させると同時に、私たちを神の御心(みこころ)に適(かな)う人間に造り変えてくださる。

Share

Related Posts

None found

  1. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 キリスト教主義の学校に女子校が多いのはなぜ? 上林順一郎

  2. 【夕暮れに、なお光あり】 しがみついて生きる 川﨑正明

  3. 【今日は何の日】1890年9月9日 カーネル・サンダースの誕生日

  4. 2020年12月13日「真理について証しをするため」

  5. 【今日は何の日】7月16日 虹の日

  6. 2020年9月19日「神から出たものであれば、滅ぼすことはできない」

  7. 神さまが共におられる神秘(47)稲川圭三

  8. 【今日は何の日】354年11月13日 アウグスティヌスの誕生日

  9. 3月13日「あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」

  10. 【連載小説】月の都(56)下田ひとみ

  11. 機嫌よくいることは難しいことなんです。とりあえず笑いましょう。

  12. ヒトラーの作った恐ろしい「キリスト教」

  13. ボヘミアンだって、クリスマスには歌って踊る。 〜『ラ・ボエーム』と『RENT』〜

  14. 3月29日「死者に命を与え、存在させる神」

  15. 5月5日「彼らを自分のそばに置くため」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。