1月5日「神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる」

「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる」(マタイ4:4、申命8:3参照)

主イエスは公生涯に入る前に、荒れ野に行き、悪魔の誘惑に遭(あ)われた。悪魔は人間に働きかけて神を疑わせ、神不信へと誘惑する。「誘惑」とは「試練」とも訳される言葉である。人間は悪魔の誘惑によって、本当に神を信頼し、神に従っているのかを試される。この意昧で試練は危機の時であり、「分かれ道」である。試練によって、ある人は神への信仰が深められ、ある人は神の恵みから落ちる。神は、私たちが試練の時に悪魔の誘惑に勝つ者となるよう、主イエスを世に遣わされたのである。

主イエスは荒れ野で40日間、断食をして空腹を覚えられた。人の子となられた主イエスは飢えた。飢えは、人間の生存を脅かす苦しみである。パンは、人間が生きるために必要不可欠であり、パンを得るために人間は額に汗して働かなければならない。それゆえに、パンさえあればすべてが解決すると思うのである。悪魔は主イエスに荒れ野の石ころを指して、「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ」と誘惑した。パンの問題さえ解決すればすべてが解決するという誘惑である。これに対して主は、冒頭の申命記の言葉をもって悪魔の誘惑を退けた。人間はただ食べて生きればよい存在ではなく、神の言葉によって真に生きる存在であることを、聖書の言葉をもって答えられたのである。

主イエスの生涯は、悪魔との戦いの連続であった。そのたびに主イエスは、神の御心を示す聖書の言葉をもって悪魔と戦った。主イエスは私たちに、神の言葉こそ悪魔の誘惑に勝つ道であることを、身をもって示されたのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 5月3日「わたしが来たのは、罪人を招くため」

  2. 2020年7月25日「キリストの愛が、駆り立てているから」

  3. 【今日は何の日】1963年7月21日 ジャイアント・シルバ誕生日

  4. 3月30日「苦難をも誇りとします」

  5. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第14回 豆談義(その2)豚が食らう豆 齋藤篤

  6. 1月28日「新しいぶどう酒は、新しい革袋に」

  7. 神さまが共におられる神秘(69)稲川圭三

  8. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(106)稲川圭三

  9. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第13回 豆談義(その1) 齋藤篤

  10. 【宗教リテラシー向上委員会】 カハル(会衆)とデモ 山森みか 2020年9月1日

  11. 牧会あれこれ(4)賀来周一

  12. 神さまが共におられる神秘(40)

  13. 【今日は何の日】1587年7月24日 バテレン追放令発令

  14. 3月22日は山内義雄の誕生日とバラの主日

  15. 「禁酒法の母」は、アメリカの金太郎?

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。