1月7日「心の貧しい人々は、幸いである」

「心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである。悲しむ人々は、幸いである。その人たちは慰められる。柔和な人々は、幸いである。その人たちは地を受け継ぐ」(マタイ5:3~5)

人間には肉体と精神のほかに、神を求める霊性が備わっている。「心(原語は「霊」)の貧しい人」とは、自分の霊性の貧しさを知って、神を切に求める人である。霊性の貧しさを知らない人は、神を求めることをしない。「天の父は、求める者に聖霊を与えてくださる」(ルカ11・13)と主イエスは言った。霊性の貧しさを知って切に祈る者は、聖霊の働きによって、主イエスによる罪の赦(ゆる)しと神の愛を知るようになる。そして、神が支配する「天の国」に招かれていることを確信する。

「悲しむ人」とは、他者からの慰めの言葉も通じないほど悲しみに遭(あ)っている人である。この世には、愛する者を失ったり、人に誤解されたり、故国を追われたりするなど、悲しみが満ちている。そのような悲しみを慰めることができるのは、この世に来られて人となり、苦しみをどん底まで味わい、十字架の苦しみと死を通って復活された主イエスだけである。悲しむ人は、まことの慰め主イエスによって慰められる人である。

「柔和な人」とは、重荷に耐えている人である。人は皆、病気や老いなど、他人に代わってもらえない荷を負って生きている。「すべて重荷を負って苦労している者は、私のもとに来なさい」(マタイ11:28)と主イエスは招く。重荷を主イエスに委ねる時、主は私たちの重荷を一緒に負ってくださる。同時に、主イエスは私たちにご自分の重荷を一緒に負うようにと招く。主イエスの重荷を負い、主と軛(くびき)を共にする時、私たちは「地を受け継」ぎ、重荷を担(かつ)ぐ力を与えられる。

Share

Related Posts

None found

  1. 6月13日「救われる者には神の力」

  2. 5月26日はル・マンの日

  3. 4月30日は東京女子大学の創立記念日

  4. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(101)稲川圭三

  5. 2020年9月4日「信仰がなくならないように祈った」

  6. 6月23日「神から賜物をいただいている」

  7. 【聖書の不思議あれこれ!】第1回 「神」ってナニよ?その1 パダワン青木

  8. 牧会あれこれ(8)賀来周一

  9. 「エッセイ」の語源を作った世界最初のエッセイスト 

  10. 現代のカレンダーを採用した人は日本とも縁が深いんです。

  11. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(24)「私の死と私の物語

  12. 【くめさゆりの DAY BY DAY】第1回 お義父さんの声の記憶 久米小百合

  13. 神さまが共におられる神秘(8)稲川圭三

  14. 【今日は何の日】1521年12月1日(大永元年11月3日) 武田信玄の誕生日

  15. 1月4日「これは私の愛する子、私の心に適う者」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。