1月9日「あなたがたは地の塩、世の光である」

「あなたがたは地の塩である。……あなたがたは世の光である」(マタイ5:13、14)

今日の聖句について、このような解説があった。「弟子である信仰あつき者は、社会の塩、つまり道徳的にしっかりした善良な者として、模範とならなくてはいけないという意味」。しかしこれは、主イエスの説教を道徳や処世訓と誤解した例である。主イエスは「地の塩になれ」とは言ってはいない。罪人を無条件に赦(ゆる)す神の祝福を受けた弟子たちに、「あなたがたは地の塩である」と言われた。当時、塩は高価であったから、神の祝福を受けた弟子たちを高価で尊い存在として主イエスは語ったのである。

自分を顧みれば、私たちは善良な人間でもないし、人の模範にもなれない者である。しかし、そのような者が神の祝福を受けた。その祝福のゆえに主は、「あなたがたは地の塩である」と言う。私たちは、神から受けた祝福を携えて世に味をつけ、この世の腐敗を防ぐ塩となる。もし私たちが神の祝福によって生きることをやめれば、「もはや、塩としての力を失い、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである」(13節)。神の祝福である「塩」は、私たちが本来持ち合せているものではない。

主イエスはまた、神の祝福を受けた者は「世の光である」と言う。神の祝福を受けた者は、星が太陽の光を受けて輝くように、その祝福を世に輝かす。それは、「人々が、あなたがたの立派な行いを見て、天におられるあなたがたの父を崇(あが)めるようになるためである」(16節)。「立派な行い」とは、神の祝福を喜び、神を礼拝し、神の祝福を証しする行為である。それは神の栄光を現す行為であって、道徳的に立派であると言われるための行為ではない。これが「地の塩、世の光」と呼ばれる意味である。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1913年11月7日 アルベール・カミュの誕生日

  2. 11月2日は良寛の誕生日

  3. 10月21日は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で未来に行った日

  4. 【今日は何の日】1992年7月28日 長谷川町子さんに国民栄誉賞

  5. 【今日は何の日】11月26日 いい風呂の日

  6. 6月1日でクリスチャンプレス2周年

  7. 9月9日は北陸学院の創立記念日

  8. 9月7日は泉鏡花が亡くなった日

  9. 【東アジアのリアル】 コロナ禍の韓国教会における礼拝認識の変化 李 恵源 2020年11月1日 

  10. 11月22日はC・S・ルイスの召天日

  11. 【今日は何の日】1992年10月31日 教皇ヨハネ・パウロ2世がガリレオの破門を解いた日

  12. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(91)稲川圭三

  13. 【連載小説】月の都(32)下田ひとみ

  14. 4月22日「わたしたちは主のもの」

  15. 6月5日は梅光学院大学の創立記念日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。