2月1日「悔い改めなかったので、叱り始めた」

イエスは、数多くの奇跡の行われた町々が悔い改めなかったので、叱り始められた。「コラジン、お前は不幸だ。ベトサイ夕、お前は不幸だ」。(マタイによる福音書11章20節)

主イエスは「神の国が近づいた」と宣教し、「悔い改めて、福音を信じなさい」と人々を神の国に招いた。しかしながら、主イエスに病気の治癒を求める人は多くいても、主の言葉を聞いて悔い改め、神に立ち帰る人は少なかった。人々は無病息災、商売繁盛を願って神の助けを求めるが、神の前に誠実に生きることは考えない。ただ、この世の力である富や地位や名誉を求めて狂奔(きょうほん)する。人々が群がるのは、この世の力やご利益を約束する宗教である。この社会では、この世の力を多く得た者が成功者であると思うからである。

人々がそのように思い、この世の力を求めて狂奔する社会は、脱落者や弱者を蔑(さげす)む歪(ゆが)んだ社会である。脱落者は怒りをあらぬ方法で爆発させ、人が人を傷つけ合い、学校や家庭という人間の共同体が崩壊してゆく。日本の社会がこうした歪みに気づき、「モノから心へ」と叫ばれて何年経つだろう。にもかかわらず、心の荒廃はますます広がっている。

主イエスは「罪の悔い改め」を問題にする。社会が歪み、共同体が崩壊する原因は、この世の力を神のように信じて、創造主なる神を信じない人の罪に起因するからである。人は罪から解放され、神の心に適(かな)う者とならなければならない。主イエスは「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」(マルコ1・18)と呼びかける。それでもなお、悔い改めない町の人々に語ったのが今日の聖句である。「不幸だ」(ウーアイ)という言葉は呪いではなく、主の悲しみを表わしている。

Share

Related Posts

None found

  1. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(22)賀来周一

  2. 【今日は何の日】1996年10月23日 ヨハネ・パウロ2世が「ダーウィンの進化論はカトリックの教えと矛盾しない」と表明

  3. 11月5日は日本キリスト教会館の献堂式

  4. キリスト教の「禁教」はまだ解除されていない? 

  5. 2020年11月24日「この病気は死で終わるのではない」

  6. 【東アジアのリアル】 「国家安全法」が突き付けた重い試練 倉田明子 2020年7月11日

  7. 2月1日はエリザベス・サンダース・ホーム創立記念日

  8. 4月14日はタイタニック号が氷山と衝突した日

  9. 【東アジアのリアル】 コロナ禍において対面礼拝を模索する韓国教会 李 相勲

  10. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(87)稲川圭三

  11. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第5回 これはジュースだ! 齋藤篤

  12. 【今日は何の日】1920年8月19日 ジョージ・パターソン宣教師の誕生日

  13. 【夕暮れに、なお光あり】 フーテンの寅とイエス 細川勝利

  14. 【連載小説】月の都(5)下田ひとみ

  15. 直江兼続の「愛」ってどんな愛? 〜愛の兜をめぐるあれこれ〜

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。