2月2日「だれでもわたしのもとに来なさい」

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。(マタイによる福音11章28節)

主イエスは貧しい者、病気で苦しむ者、子どもを失って悲しむ者、社会から見捨てられた者を訪ね歩いて、今日の聖句を語った。

重荷を負う者を招く主イエスは、「わたしの軛(くびき)を負いなさい」と言う。主イエスの軛を負うとは、主と共に荷を背負う二人三脚の人生である。主は「重荷を共にしよう」と言うのである。主が私の重荷を一緒に負ってくださるので、私の重荷は軽くなる。そして、私も主の重荷を負わせていただく。それによって、私は一人ではない、主イエスと共に生きる人生、主のために生きる人生を歩むのである。主イエスと軛を共にすることは、それが苦しみや悲しみの伴うものであっても、神の恵みと守りを経験する感謝の人生である。

重荷を自分だけで負わず、主イエスのもとに来て、重荷をおろす者は幸いである。重荷を降ろして主の御許(みもと)で憩うならば、魂の休みとともに、新たな力が与えられる。主イエスは一人ひとりの重荷を知っている方、御許に来る者の重荷を負ってくださる主、魂に休みを与えてくださる神である。「神よ、あなたは私たちの魂をあなたに向けて造られたので、私たちは御許に帰るまで魂の休みを得ることはできません」(アウグスティヌス)。

Share

Related Posts

None found

  1. 1月18日は梅花女子大学の創立記念日

  2. 【今日は何の日】1483年8月9日 システィーナ礼拝堂開場

  3. 「ガリレオvs教会」の構図は後世の脚色だった?

  4. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第9回 小さな旅のススメ 久米小百合

  5. 【今日は何の日】1886年11月1日 萩原朔太郎の誕生日

  6. 3月28日は椎名麟三の召天日

  7. 戸籍調査がなければクリスマスはなかった?

  8. 2020年12月16日「成し遂げられた」

  9. 神さまが共におられる神秘(54)稲川圭三

  10. 2020年9月24日「神は、お示しになりました」

  11. 【今日は何の日】1980年7月31日 ハリー・ポッターの誕生日

  12. 5月17日「自分の命を失ったら、何の得があろうか」

  13. 1月31日「私が来たのは、剣をもたらすため」

  14. 2020年8月21日「見失った一匹を見つけ出すまで」

  15. 【今日は何の日】1431年11月10日 ヴラド・ツェペシュ公の誕生日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。