2月3日「人の子は安息日の主」

人の子は安息日の主なのである。(マタイによる福音書12章8節)

創世記1章によれば、天地創造を終えた神は、創造したものを見て、「良し」と言ってそれらを喜び、祝福し、憩われた。これが安息日である。神は、人が神に造られ、神の喜びの対象であることを覚えさせるために、私たちを安息日に招く。安息日は、私たちが仕事の手を休め、神の前に出て、私たちを良きものとして造り生かしめる神の喜びにあずかる礼拝の日である。ところが、人は創造主なる神を崇めようとしない。自分の持っている物はすべて、自分の命すらも、自分が得たものと思っている。その結果、人は仕事や物の奴隷になり、生かされている喜びを知らず、忙しく、空しい人生を送っている。

神を礼拝する民として選ばれたユダヤ人も、主イエスの時代、礼拝が喜びでなく、重荷となっていた。宗教指導者が安息日を強制し、こと細かな律法で人々を縛っていたからである。ある日、律法に熱心なファリサイ派の人々が、安息日の律法に違反した主イエスの弟子の行為を見て、非難した。その時、主はダビデの故事を引いて、「律法は人を縛るものではない」と言って、今日の聖句を語った。

人の子イエスは、自らの死をもって人の罪を贖(あがな)い、人々がその罪を無条件に赦(ゆる)されて、神の御座に近づけるようにした安息日の主である。主イエスの赦しの恵みにあずかった者は誰でも、はばかることなく神の御座に近づくことができる。安息日の律法や礼拝の形式に縛られないで、安息日の主をこそ仰ぐべきである。そうすれば、安息日は、私たちを造り、生かし、赦す父、御子、聖霊の三一の神の恵みにあずかって、心から神を礼拝する「喜びの日」(イザヤ58・13)となる。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】8月31日 野菜の日

  2. 2020年7月26日「古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた」

  3. 2020年10月7日「主イエスの名のためならば」

  4. 神さまが共におられる神秘(22)

  5. 【Road to えきゅぷろ2022】 シリーズ「セクシャリティ×教会×コロナ」開催に向けて(1)カミングアウト

  6. 神さまが共におられる神秘(65)稲川圭三

  7. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第7回 絵本・ファンタジーの世界と聖書 久米小百合

  8. 2020年10月6日「この言葉は、恵みを受け継がせる」

  9. 2020年10月25日「キリストと教会について述べている」

  10. 5月3日「わたしが来たのは、罪人を招くため」

  11. 007の誕生日? ジェームズ・ボンドの本当の姿

  12. 【連載小説】月の都(29)下田ひとみ

  13. プロレスラーは「クリスチャンらしく」ない? 

  14. 【今日は何の日】7月16日 虹の日

  15. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(89)稲川圭三

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。