2月4日「その人に『手を伸ばしなさい』と言われた」

その人に「手を伸ばしなさい」と言われた。伸ばすと、もう一方の手のように元どおり良くなった。(マタイによる福音書12章13節)

主イエスは安息日に会堂に入り、礼拝をしている人々の中に片手の萎(な)えた人がいるのを見た。主は病気で苦しむ者、罪に悩む者、重荷を負って途方に暮れている者に目を注がれる方である。主イエスは言った。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」(マルコ2・17)。

主イエスは片手の萎えた人に「手を伸ばしなさい」と言った。その人が主の言葉を聞いて、その通りにした時、彼の手は癒された。「彼は傷ついた葦(あし)を折らず、くすぶる灯心を消さない」(マタイ12・20)。主イエスに目を留めていただくならば、傷ついて今にも折れる葦のような人間も、その傷を癒されて、しっかりと立つようになる。くすぶる灯心のように、途方に暮れて信仰さえも消えてしまいそうな人間も、主イエスの霊に息吹(いぶ)かれて、その魂は生き返る。

主イエスは今も、礼拝に集う私たち一人ひとりに慈しみ深い目を注いで、「手を伸ばしなさい」と言われる。私たちは自分の罪と破れを携えて礼拝に集い、病んでいる手を主イエスの前に差し出そう。主イエスは私たちの病めるところを癒し、天の国の救いに導く神である「主の日」の礼拝は、私たちがこの神のもとに来て、疲れた体と傷ついた魂を癒していただく日である。何よりも、主イエスの十字架の死と復活を通して、「わたしはあなたを贖(あがな)った。あなたはわたしの愛する子だ」と語ってくださる神の言葉を聞き、私たちの体も魂も神のものとされていることを喜ぶ日である。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1984年9月27日 アヴリル・ラヴィーンの誕生日

  2. 6月9日は有島武郎の命日

  3. 神さまが共におられる神秘(47)稲川圭三

  4. 教会の名を付けられたF1界屈指の高速コーナー

  5. 【今日は何の日】7月15日 レンブラントの誕生日

  6. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(103)稲川圭三

  7. アイルトン・セナという生き方

  8. 9月18日は宮城学院の創立記念日

  9. 【夕暮れに、なお光あり】 嬉しかったこと 渡辺正男 2020年7月21日

  10. 8月14日はコルベ神父の帰天日

  11. 2月16日は岡野貞一の誕生日、聖ニコライ祭

  12. 【今日は何の日】1890年9月9日 カーネル・サンダースの誕生日

  13. 牧会あれこれ(5)賀来周一

  14. 10月17日は日本YWCAの創立記念日

  15. 【連載小説】月の都(17)下田ひとみ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。