2月5日「神の国は、来ているのだ」

わたしが神の霊で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ。(マタイによる福音書12章28節)

主イエスは悪霊から人間を救い出す神である。現代人は聖書の悪霊物語を神話であると言って、一笑に付すかもしれない。しかし、科学が発達した現代においても、人を不自由にし、絶望や虚無に追いやり、狂気に駆り立てる力は存在する。科学的・医学的な説明ができても、それでは解決しない人間の問題に、聖書は光を当てるのである。

十字架と復活によって罪の贖(あがな)いを成し遂げた主イエスは、今、見えない聖霊の神として働いて、私たちに罪の赦(ゆる)しを語り、神との交わりを持つ人間とする。罪の赦(ゆる)しを受け、神との交わりを持つようになって、私たちは悪霊から解放される。悪霊は人間を神から遠ざけようとする隠れた力である。悪霊は人間の倣慢(ごうまん)に付け込んで異常な行動に駆り立てたり、病気や貧困によって不安になる人間の弱さに付け入って、絶望に追い込む。病気や貧困の原因が人間の罪によるのではない。主イエスは生まれつきの盲人について、「本人が罪を犯したからでも、その両親が犯したからでもない。神の業(わざ)がこの人に現れるためである」と言う(ヨハネ9・3)。神と結ばれるなら、その弱いところに、悪霊ではなく、神の霊が働くのである。

今日の聖句のように、主イエスは今も神の霊によって、私たちを神の国に導くために働いておられる。主イエスに導かれて神の国に入れられ、神を「アッバ父」と呼ぶ神の子らは、信仰、祈り、み言葉という神の武具によって悪霊の攻撃に対抗する者となるのである。「悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい」(エフェソ6・11) 。

Share

Related Posts

None found

  1. 【東アジアのリアル】 「国家安全法」が突き付けた重い試練 倉田明子 2020年7月11日

  2. 3月21日「信仰を通して実現されるのです」

  3. 神さまが共におられる神秘(30)稲川圭三

  4. 【今日は何の日】2012年9月5日 リチャード3世の遺骨が発見された日

  5. 2020年12月14日「『見よ、この男だ』と言った」

  6. 牧会あれこれ(5)賀来周一

  7. 【今日は何の日】11月19日 世界トイレの日

  8. 英雄ナポレオンの最期の言葉

  9. 【連載小説】月の都(45)下田ひとみ

  10. 神さまが共におられる神秘(5)稲川圭三

  11. 神さまが共におられる神秘(56)稲川圭三

  12. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第13回 イスラエルにて

  13. 2020年9月10日「わたしたちの心は燃えていたではないか」

  14. 牧会あれこれ(11)賀来周一

  15. 2020年10月4日「恐れるな。語り続けよ。」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。