2月7日「よい土地に落ち、実を結んで」

ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。(マタイによる福音書13章8節)

主イエスは神の国をたとえで語られる。「種をまく人が種蒔きに出て行った」(3節)。種とは、主イエス・キリストの福音である。「蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった」(4節)。道端とは、経験や知識で踏み固められて、福音を受けつけない人である。「ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯かれてしまった」(6節)。これは、福音を受け入れたが、「艱難(かんなん)や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう人である」(21節)。主イエスの助けを願うだけで、主イエスに従うということがないと、信仰は成長せず枯れてしまう。「他の種は茨(いばら)の間に落ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった」(7節)。これは、「御言葉を聞くが、世の思い煩いや富の誘惑が御言葉を覆いふさいで、実らない人である」(22節)。私たちはこの世の生活のためにさまざまな心遣いをしなければならないが、それだけに心を奪われて神の言葉を聞くことが後回しになると、信仰の実を結ばない。

「良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて悟る人」(23節)である。福音を聞いてこれを悟り、最後まで神を信じ、福音に根ざして生きる人は、豊かに実を結ぶ。その人は神の祝福にあずかるとともに、神の祝福にあずかる人々が起こされるために神に用いられる者となる。人はだれでも道端であり、石だらけであり、茨の土地である。そのような者が良い土地となるのは、土地を耕して、豊かに実を結ばせてくださる主イエスと結ばれて生さることによる。

Share

Related Posts

None found

  1. 9月14日は津田塾大学の創立記念日

  2. 世界初のバブル経済「チューリップ・バブル」 

  3. 【今日は何の日】許さんぞキリスト教徒! 〜ディオクレティアヌス帝の没日〜

  4. 2020年8月21日「見失った一匹を見つけ出すまで」

  5. 11月5日は日本キリスト教会館の献堂式

  6. 【連載小説】月の都(20)下田ひとみ

  7. 2月21日「神が結び合わせてくださったもの」

  8. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 はじめて聖書を読むかたへ(2)どこから読むか

  9. 3月18日「だから、すべての民をわたしの弟子にしなさい」

  10. 【今日は何の日】2002年7月19日 藤井聡太棋聖の誕生日

  11. 2020年12月7日「わたしがあなたがたを選んだ」

  12. ユートピア(理想郷)を見出したトマス・モア

  13. 1月3日「博士たちは、喜びに溢れた」

  14. 2020年10月19日「キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さ」

  15. 10月18日は長岡輝子の召天日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。