2月10日「あなたがたが、与えなさい」

あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。(マタイによる福音書14章16節)

主イエスはご自分の後を追って来た大勢の人々を深く憐(あわ)れみ、その中の病人を癒(いや)された。主の深い憐れみは、人の痛みに腸(はらわた)が千切れるほど共苦することであった。それは人の罪のためにご自身の体を裂いた十字架の死に極まっている。主イエスのこの深い憐れみが注がれて、人々は癒された。

夕暮れになり、弟子たちが主イエスのもとに来て、「ここは人里離れた所で、もう時間もたちました。群衆を解散させてください。そうすれば、自分で村へ食べ物を買いに行くでしょう」と進言した。その時、主イエスは今日の聖句を語った。弟子たちは戸惑ったであろう。すると、主イエスは「パン5つと魚2匹」を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱えた。そしてパンを裂き、弟子たちに渡した。弟子たちがそのパンを群衆に分けると、すべての人が食べて満腹し、なおパンくずが12の籠に余った。この奇跡は主の深い憐れみからなされた救いの業であって、人々を驚かせるための業ではない。

「最後の晩餐」の時、主イエスは同じように、パンを祝福し、これを裂いて弟子たちに配り、「取って食べよ。これはわたしの体である」と言った。主が人里離れた場所で人々に分け与えたパンは、十字架で裂かれた体を指し示している。私たちは「主の晩餐」において、体を裂いて私たちの罪の贖(あがな)いとなられた主の深い憐れみと救いの恵みを思いつつ、パンを味わう。「わたしは、天から降って来た生きたパンである」(ヨハネ6・51)。私たちは「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と言われる主の言葉に促されて、「生きたパン」を人々のところに携え行くのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年10月22日「愛によって造り上げられて行く」

  2. 2020年9月14日「”霊”が語らせるままに、話し出した」

  3. 2020年8月11日「収穫の主に願いなさい」

  4. 4月13日「良い知らせを伝える者の足は」

  5. 2020年9月29日「主イエスの恵みによって救われる」

  6. 1月21日「人を裁くな」

  7. 4月3日「義のための道具として神に献げなさい」

  8. 2020年11月6日「霊と真理を持って父を礼拝する時が来る」

  9. 2020年10月25日「キリストと教会について述べている」

  10. 2020年12月11日「すべての人を一つに」

  11. 1月17日「私たちの負い目をお赦しください」

  12. 2020年12月30日「この聖書の言葉は、今日、実現した」

  13. 2月27日「これが隅の親石となった」

  14. 2月14日「この岩の上にわたしの教会を建てる」

  15. 3月17日「そこでわたしに会うことになる」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。