2月12日「心から出て来るので、これこそ人を汚す」

ロから出て来るものは、心から出て来るので、これこそ人を汚す。悪意、殺意、姦淫(かんいん)、みだらな行い、盗み、偽証、悪ロなどは、心から出て来るからである。(マタイによる福音書15章18〜19節)

エルサレムから来た律法学者たちは、主イエスの弟子たちが手を洗わないと言って非難した。当時、ユダヤでは、浄、不浄の規定があり、手を洗うのは不浄なものに接触した体を清める宗教行為であった。その他にも、食物の浄、不浄の規定など、律法を守るためのさまざまな言い伝え(定め)があって、これを守らない者は罪人として社会から閉め出された。主イエスはその日暮しのために宗教的な定めを厳格に守れない人々と食事をし、交わられた。

主イエスは、「この民は口先ではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている」というイザヤの言葉を引いて、言い伝えにこだわり、神の言葉を無にしている律法学者たちの偽善を指摘した。そして、今日の聖句によって、人間にも食物にも、浄、不浄の区別はなく、人の心の中から出て来るものが人を汚すのだ、と喝破(かっぱ)した。主イエスは心から出てくるものが人を汚すのだと言って、人間の心の根っこにあるものを問題にしたのである。それは神の言葉よりも自分の主張を優先する罪であり、自分の欲望を押し通そうとするエゴイズムである。これが他者を汚し、傷つける。私たちの心の中を探られる神の前で、他者を傷つける罪を認め、心から悔い改めるなら、神は主イエスを通して私たちの罪を赦(ゆる)してくださる。そして、聖霊によって私たちの心に神の愛を注ぎ、「喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制」(ガラテヤ5・22〜23)という御霊(みたま)の実を結んでくださる。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年8月26日「モーセと預言者に耳を傾けないのなら」

  2. 2020年12月1日「あなたがたも互いに洗い合わなければならない」

  3. 【クリスチャンな日々】第11回 「バカ野郎」になっちゃいましょう  MARO

  4. 【今日は何の日】7月13日 ハリソン・フォード誕生日

  5. 8月9日は長崎原爆の日

  6. クリスチャンの年賀状事情 〜今日から年賀郵便の受付開始です〜 

  7. 【連載小説】月の都(36)下田ひとみ

  8. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第10回 教会のかおり 齋藤篤

  9. 10月6日は関東学院の創立記念日

  10. 【連載小説】月の都(25)下田ひとみ

  11. 2020年10月31日「わたしの時はまだ来ていません」

  12. 【今日は何の日】1541年8月18日(天文10年7月27日) 日本にカボチャ伝来

  13. 11月16日は茨城キリスト教大学と青山学院大学の創立記念日

  14. 5月15日「悪霊は、もう出てしまった」

  15. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 肩書きを聞いても動じなかった高校生との出会い

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。