2月13日「しるしは与えられない」

あなたたちは、…空模様を見分けることは知っているのに、時代のしるしは見ることができないのか。よこしまで神に背いた時代の者たちはしるしを欲しがるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。(マタイによる福音書16章3〜4節)

サドカイ派は死人の復活はもとより、霊の世界を信じない現世主義者であった。彼らが神殿に行って礼拝するのは、宗教儀礼であり、ユダヤ人としての「たしなみ」であった。日本人にも、サドカイ派のような宗教観を持っている人が多い。これに対して、ファリサイ派は形骸化したユダヤ教を批判する信仰復興運動グループであった。彼らは律法を守ることに熱心であり、律法を守らない人々を蔑(さげす)み、敵視しさえした。今日も、崇(たた)りや裁きを説いて人の心を怖れで縛る宗教が現れる。信者は教祖に洗脳されて画一的な行動を取るので、一見、熱心であるが、自分たちを批判する者を敵と見るから、対話が成り立たない。

儀礼化した宗教に対しても、熱狂的で自他を分離する宗教に対しても、主イエスはその間違いを指摘した。そこで、両派とも主に対し敵意を抱き、「あなたが神から来た者なら、そのしるしを見せよ」と言った。これに対する主の答えが今日の聖句である。すなわち、「ヨナのしるし」が指し示す十字架の死と復活が、主イエスが神から来た者であるしるしである。主イエスの言葉と業、その死と復活こそ、人間が自らの存在意味を問う宗教的な問いに対する神の答えである。人間は偶然に生まれ偶然に死ぬのでなく、神に創造され生かされて、主イエスにおいて啓示された神の御心に応えるべき存在である。そして、どのような時代であっても、神が支配している「時」のしるしを見分けて、信仰と希望をもって生きるのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 10月17日は日本YWCAの創立記念日

  2. 【今日は何の日】9月2日 宝くじの日

  3. 【今日は何の日】1月30日 「サザエさん」の作者

  4. 11月28日はジョン・バニヤンの誕生日

  5. 【今日は何の日】1884年8月5日 「自由の女神」の建築開始

  6. 世界で最も愛されるクリスマス・ストーリーが生まれた日

  7. 3月6日「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」

  8. 4月20日「神の怒りに任せなさい」

  9. 【連載小説】月の都(49)下田ひとみ

  10. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第3回 Withコロナな日々徒然 久米小百合

  11. 9月15日は老人の日

  12. 8月16日は黒柳朝の召天日

  13. 【連載小説】月の都(14)下田ひとみ

  14. 9月17日は松蔭女子学院の創立記念日

  15. 神さまが共におられる神秘(51)稲川圭三

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。