2月17日「子どものようにならなければ、天の国に入ることはできない」

心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。(マタイによる福音書18章3節)

「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」と弟子たちが尋ねた時、主イエスは一人の子どもを立たせて、今日の聖句を語った。弟子たちは天国へ入るのは当然のように質問したのであるが、主は天国に入る条件を語った。天国でだれが一番偉いかと質問すること自体が、天国のことを知らないのだが、主は弟子たちの愚かな質問にも愛情をもって答えられる。私たちもたくさんの思い込みを持っているが、主イエスに問うことによって、分からせていただくのである。

主イエスは「自分を低くして、この子どものようになる人」と言う。「子どものようになる」とは、子どもが親や周囲の人の愛がなければ生きられないように、父なる神に素直に信頼することである。虚栄を張らず、自分を低くして、神の前で子どものようになる者が、天国に入るのである。主イエスは「心を入れ替えて」子どものようになれと言う。子どもの信頼は生まれながらであるが、私たちが神に対して子どものようになるには「心を入れ替え」なければならない。主イエスの言葉に応答して、神を信頼しようと決心しなければならない。私たちが神を天の父と信じる者となったのは、神の霊に導かれて、決心したからである。「神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。…この霊によってわたしたちは、「アッパ、父よ」と呼ぶのです」(ローマ8・14〜15)。教会は主の言葉と聖霊に導かれて、神を「父よ」と呼ぶ神の子たちの交わりである。それゆえ、教会では、賜物(たまもの)の違いはあっても、偉い人はいない。自分を偉く見せようとする虚栄心も必要がない。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年9月17日「わたしたちが救われるべき名」

  2. 2020年12月15日「イエスは、自ら十字架を背負い」

  3. 1月16日「わたしたちに必要な糧を今日与えてください」

  4. 1月5日「神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる」

  5. 1月27日「私が来たのは、罪人を招くため」

  6. 3月14日「お前たちの問題だ」

  7. 2020年11月25日「わたしは復活であり、命である」

  8. 1月8日「その人たちは神の子と呼ばれる」

  9. 4月3日「義のための道具として神に献げなさい」

  10. 3月9日「わたしにしてくれたことなのである」

  11. 2020年11月1日「イエスの言われる神殿とは」

  12. 2020年8月2日「わたしたちの戦いの武器は、神に由来する力」

  13. 2020年10月16日「キリストは私たちの平和」

  14. 2020年11月11日「死から命へと移っている」

  15. 2020年12月7日「わたしがあなたがたを選んだ」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。