2月25日「見よ、お前の王が、おいでになる」

見よ、お前の王がお前のところにおいでになる。柔和な方で、ろばに乗り、荷を負うろばの子、子ろばに乗って。(マタイによる福音書21章5節)

日本国憲法は政教分離と信教の自由を謳(うた)い、国家が人の心を支配することを禁じている。では、私たちの心を支配する王はだれか。神の御子イエスこそ私たちの心を支配し、義に導く王である。今日の聖句のように、主イエスは預言の実現者として、ろばに乗ってエルサレムに入城した。人々は上着と棕櫚(しゅろ)の葉を道に敷き、「ホサナ」と歓呼して、主イエスを王として迎えた。しかし、その週の金曜日、主イエスはローマの総督ピラトによって十字架刑に処された。主イエスは王なのか。主は戦争に勝ち軍馬に乗って凱旋(がいせん)する王ではなく、人間を罪の支配から解放し、神の支配を打ちたてる王である。権力によって支配する王ではなく、ろばのように、人間の重い罪を背負う柔和な王である。

エルサレムに入城した主イエスは、そこであらわになる人間の罪を一身に受けて、苦しみに耐えながら十字架の道を歩まれた。私たちは罪に対する神の怒りと悲しみを知らない。それをご存じである方が私たちの罪をすべて負って十字架にかかり、私たちに代わって罪の裁きを引き受けてくださったのである。そして、その死と復活によって、私たちの罪を完全に贖(あがな)ってくださった。それゆえに、私たちは今や、主による贖いの恵みにあずかって、「はばかることなく」神の御座に近づくことができる。神が義と愛によって支配する神の国に生きる者となる。この神の国は、柔和な王である主イエスが支配する国である。ここには、神の愛によって守られる平和があり、私たちが他者に支配されない人間となる道しるべがある。

Share

Related Posts

None found

  1. 3月4日「あなたたち偽善者は不幸だ」

  2. 2020年8月5日「自分を吟味しなさい」

  3. 1月18日「悪からお救いください」

  4. 2020年11月21日「あなたは、もうその人を見ている」

  5. 2020年9月19日「神から出たものであれば、滅ぼすことはできない」

  6. 2020年9月5日「起きて祈っていなさい」

  7. 2020年12月9日「わたしは既に世に勝っている」

  8. 2020年11月17日「あなたを罪に定めない」

  9. 3月11日「心は燃えても、肉体は弱い」

  10. 2020年12月5日「わたしの平和を与える」

  11. 2020年10月2日「賛美の歌を歌って神に祈っていると」

  12. 2020年11月30日「わたしは光として世に来た」

  13. 3月28日「その信仰が義と認められます」

  14. 2020年10月28日「わたしたちはその栄光を見た」

  15. 2020年9月12日「大喜びでエルサレムに帰り」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。