2月26日「祈りの家と呼ばれるべきである」

「わたしの家は、祈りの家と呼ばれるべきである」。ところが、あなたたちはそれを強盗の巣にしている。(マタイによる福音書21章13節)

エルサレムに入った主イエスは神殿に直行し、そこで売り買いをしていた人々を追い出し、両替人の台や鳩を売る者の腰掛けを倒した。今日の聖句は、その時の主の言葉である。

神を礼拝する神殿は、祈りの家と呼ばれる。礼拝は、何よりも祈りによる神との対話、神との交わりである。私たちは神の前で、み言葉を聞き、祈って応答する。祈りは、世界を創造し支配している父なる神、世界を罪の支配から救う子なる神、私たちのうちに働いて父と子の業を実現する聖霊の神の三位にして、ただ一人の神にお会いする合言葉である。それゆえに、礼拝の形式があっても、また人を惹きつける盛りだくさんのプログラムがあっても、礼拝する者が神に祈らないならば、それは無意味な見せかけの礼拝である。

主イエスは真の礼拝を求め、見せかけの礼拝を壊される。主イエスがエルサレム神殿に行って、激しい行動を起されたのは、「霊と真理をもって」(ヨハネ4・23、24)礼拝する者を求めている父なる神の意思を示すためであった。

私たちは主の言葉が示す神の御心を知って、神の前に悔い改めなければならない。私たちに罪とその悲惨さとを気づかせて、私たちを悔い改めに導くのは聖霊である。主イエスの言葉と父なる神の愛によって私たちを慰め、神への献身の思いを新たにさせるのは聖霊である。礼拝の前に、まず私たちは心を静め、礼拝のすべてにおいて聖霊が働かれることを求めて祈ろう。聖霊を求めて祈り、聖霊に導かれるところに、神とお会いする真の礼拝がある。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年8月19日「私は、自分の道を進まねばならない」

  2. 4月10日「神に口答えするとは、何者か」

  3. 3月5日「お前たちの家は見捨てられ荒れ果てる」

  4. 2020年10月28日「わたしたちはその栄光を見た」

  5. 2020年7月29日「気落ちした者を力づけてくださる神」

  6. 2020年10月18日「福音によって、同じ体に属する者」

  7. 2020年12月4日「あなたがたはわたしを見る」

  8. 2020年10月21日「そして、ある人を使徒、とされたのです」

  9. 2020年8月24日「いなくなっていたのに見つかったのだ」

  10. 3月21日「信仰を通して実現されるのです」

  11. 2020年11月1日「イエスの言われる神殿とは」

  12. 2月5日「神の国は、来ているのだ」

  13. 2月27日「これが隅の親石となった」

  14. 2020年8月10日「人の子には枕する所もない」

  15. 2020年10月26日「強くなりなさい」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。