2月28日「どうして礼服を着ないでここに入って来たのか」

友よ、どうして礼服を着ないでここに入って来たのか。(マタイによる福音書22章12節)

主イエスは、使者たちを遣わして「食事の用意ができました。さあ、婚宴においでください」と人々を招いた王のたとえによって、「天の国」について語った。王なる神はすべての人間に対して、「天の国の用意ができた。さあ、おいでなさい」と招いている。招きに応えた者は、王なる神との交わりという永遠の喜びを経験する。

ところが、人々は王の招きを無視した。この世の仕事や生活に満足していたからである。また、王の使者たちを殺す者もいた。自分たちの生き方を干渉されたと思ったからである。王は拒絶した人々に対して怒るが、人々を婚宴に招くことを止めない。使者たちに、町に出て行って善人悪人の区別なく、見かけた者はだれでも連れてくるようにと命じた。王の熱意を受けた使者たちは、人々を婚宴の場所に連れてきた。私たちが「天の国」に招かれ、その喜びにあずかったのは、先輩のキリスト者たちの熱心な伝道があったからである。

今日の聖句は、婚宴に招かれて来たのに、礼服を着ていない者に対する王の問いかけである。当時の慣例は、招いた王が客のために礼服を用意したという。王が用意した礼服を着ないで入り、しかも、王の問いかけにも答えなかった人は、外の暗闇にほうりだされた。「礼服」とは何か。それは神が与える喜びの晴れ着である。主イエスは天の国に招き入れられた者が、神の与える喜びの晴れ着で装うことを求める。わたしは主によって喜び楽しみ、わたしの魂はわたしの神にあって喜び躍る。主は救いの衣をわたしに着せ、恵みの晴れ着をまとわせてくださる」(イザヤ61・10)。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年8月1日「神は、あらゆる恵みを満ちあふれさせる」

  2. 2020年9月30日「バルナバは、連れていきたいと思った」

  3. 2020年11月2日「水と霊とによって生まれなければ」

  4. 2月12日「心から出て来るので、これこそ人を汚す」

  5. 2020年7月27日「今こそ、救いの日」

  6. 2020年7月25日「キリストの愛が、駆り立てているから」

  7. 1月31日「私が来たのは、剣をもたらすため」

  8. 2020年9月24日「神は、お示しになりました」

  9. 3月16日「なぜ、わたしをお見捨てになったのですか」

  10. 2020年8月11日「収穫の主に願いなさい」

  11. 2020年7月29日「気落ちした者を力づけてくださる神」

  12. 2月4日「その人に『手を伸ばしなさい』と言われた」

  13. 2020年11月7日「目を上げて畑を見るがよい」

  14. 2020年8月4日「力は弱さの中でこそ」

  15. 1月29日「平和があるように」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。