3月2日「だれの子だろうか」

あなたたちはメシアのことをどう思うか。だれの子だろうか。(マタイによる福音書22章42節)

ユダヤの人々は、イスラエルを再建する王となるメシア(救い主)を待ち望んでいた。人々は主イエスをメシア、ダビデ王の再来と信じて、「ダビデの子」と呼んだ。しかし、主イエスはダビデがメシアを「主」と呼んでいる詩編を引用し、メシアはダビデ以上の者、政治的な王以上の者であると語った。

人類は今日も、貧困からの救いを求めている。政治や経済の問題を解決して生活の安定を得ようとするのは、人間の当然の欲求である。しかし、それさえ解決すれば、人間の欲求は解決すると思うところに問題がある。そこで主イエスは、「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」(4・4)と言った。人間は神の言葉によって生きるのでなければ、内なる魂の欲求は満たされず、その生活は空しい。神は私たちを空しい生活から贖(あがな)い出すために、メシアを世に遣わされた。主イエスはその十字架と復活によって、空しい生活から私たちを贖い出し、神に結ばれて生きる永遠の命を与えるメシアである。

主イエスは今日の聖句によって、「あなたたちが求めているのは、生活を安定させる政治的メシアか、永遠の命を与えるメシアか」と問うている。豊かで便利な生活を築くために、金銭を追いかけることが、本当に幸せな社会かと問うている。私たちを愛して、命まで捨ててくださった主イエスを神の子メシアと告白し、主の言葉に聞き従うことが、困難が伴っても、希望を抱いて生きる社会を作り出してゆくのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年12月16日「成し遂げられた」

  2. 1月9日「あなたがたは地の塩、世の光である」

  3. 2020年8月21日「見失った一匹を見つけ出すまで」

  4. 3月27日「神の恵みにより、義とされる」

  5. 1月19日「富は、天に積みなさい」

  6. 1月6日「私に付いて来なさい」

  7. 3月4日「あなたたち偽善者は不幸だ」

  8. 2020年8月30日「失われたものを探して救うため」

  9. 2月21日「神が結び合わせてくださったもの」

  10. 1月27日「私が来たのは、罪人を招くため」

  11. 2020年12月4日「あなたがたはわたしを見る」

  12. 2020年10月21日「そして、ある人を使徒、とされたのです」

  13. 2020年8月16日「お前が用意した物は、誰のものになるのか」

  14. 2020年11月22日「わたしは良い羊飼いである」

  15. 2020年12月8日「その悲しみは喜びに変わる」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。