3月4日「あなたたち偽善者は不幸だ」

律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。薄荷(はっか)、いのんど、茴香(ういきょう)の十分の一は献げるが、律法の中で最も重要な正義、慈悲、誠実はないがしろにしているからだ。(マタイによる福音書23章23節)

律法学者は信仰上の問題だけでなく、日常の諸問題にも律法に照らして助言指導する人々で、ユダヤの社会では尊敬されていた。しかし、主イエスは彼らを今日の聖句のように「偽善者」と言った。彼らは律法に忠実な人間であることを人々に示そうと、畑で収穫した小さな野菜でも、その十分の一を取り分けて献げるが、律法の最も重要なことをないがしろにしていると言うのである。律法は神に対してなされる行為であるのに、彼らは人に見られることが関心事になっていた。人間の横の関係だけで生きており、神との縦の関係がなかった。

主イエスは「あなたたち偽善者は不幸だ」と言った。反対に、「心の貧しい人は幸いだ」と言う。主イエスが言う「幸いな人」とは、自分の霊性の貧しさを知って、神の憐れみを祈らざるをえない人である。主は「天の国はその人たちのものである」と言う。それゆえに、主イエスの言う偽善者とは、神のまなざしに気づかず、心を砕かれて「罪人の私をお赦(ゆる)しください」と祈ることのない人である。そのような人は「天の国」と無関係に生きているので、不幸だと言う。

主イエスはまさに、裁かれるしかない偽善者に代わって、その不幸を背負い、父なる神に裁かれてくださった。十字架を仰ぐ時、「不幸だ」と言う主の言葉が、呪いではなく、私たちの悔い改めを待つ招きの言葉であると知る。主の言葉に導かれて、自分の霊性の貧しさを告白し、神の憐れみを祈り求めよう。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年8月6日「貧しい人は福音を告げ知らされている」

  2. 4月4日「行き着くところは、永遠の命」

  3. 2月8日「両方とも育つままにしておきなさい」

  4. 2020年12月8日「その悲しみは喜びに変わる」

  5. 2020年8月29日「へりくだる者は高められる」

  6. 1月4日「これは私の愛する子、私の心に適う者」

  7. 4月13日「良い知らせを伝える者の足は」

  8. 2020年12月11日「すべての人を一つに」

  9. 2月10日「あなたがたが、与えなさい」

  10. 2020年8月30日「失われたものを探して救うため」

  11. 1月8日「その人たちは神の子と呼ばれる」

  12. 2020年11月23日「わたしの声を聞き分ける」

  13. 2020年10月23日「聖霊により、保証されている」

  14. 4月18日「キリストに結ばれて」

  15. 2020年11月4日「だから、わたしは喜びで満たされている」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。