3月6日「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」

不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。(マタイによる福音書24章13節)

壮大な神殿を見て圧倒されている弟子たちに、主イエスは神殿の崩壊を予告した。弟子たちはこの堅固な神殿が崩壊するとすれば、それは世の終わりの時であると思い、それはいつ、どのようにして来るのかと主イエスに尋ねた。主は「人に惑わされないように気をつけなさい」と弟子たちに言った。未来に希望が見えない閉塞状況の時代には、偽メシアが現れ、人々を惑わすからである。また、主は「慌てないように気をつけなさい」と言った。戦争、地震、飢饉(ききん)が起って、生活の基盤を失う時、人々は慌て、絶望し、死を願うであろう。しかし、世の終わりだと思えるその時にも、慌ててはならない。「そういうことは起こる。...しかし、まだ世の終わりではない。これらはすべて産みの苦しみの始まりである」と主は言う。

神は歴史の支配者である。神の歴史支配を信じる者は、世の終わりと思える時代であっても、破滅的な終末を語る偽メシアや、独善的な指導者の言葉に惑わされない。また、神が世の終わりに御国を完成すると信じる者は、終わりの時が来ても絶望せず、希望に生きるであろう。世の終わりを思わせるような苦難は、教会にも襲ってくる。福音を宣べ伝える弟子たちは憎まれ、迫害される。その時、多くの人が信仰につまずき、愛が冷え、希望が砕かれる。「しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる」。最後まで信仰に留まり、福音の証人として生きる者は、終わりの日に、神の国の祝福を受け継ぐのである。「御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。それから、終わりが来る」(14節)。

Share

Related Posts

None found

  1. 1月5日「神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる」

  2. 2020年7月23日「土の器」

  3. 2020年9月12日「大喜びでエルサレムに帰り」

  4. 1月11日「迫害する者のために祈りなさい」

  5. 2020年12月15日「イエスは、自ら十字架を背負い」

  6. 2020年10月17日「神の家族であり」

  7. 1月28日「新しいぶどう酒は、新しい革袋に」

  8. 3月14日「お前たちの問題だ」

  9. 2020年8月11日「収穫の主に願いなさい」

  10. 4月7日「将来、現されるはずの栄光」

  11. 4月4日「行き着くところは、永遠の命」

  12. 2020年11月6日「霊と真理を持って父を礼拝する時が来る」

  13. 2020年11月24日「この病気は死で終わるのではない」

  14. 2020年12月20日「見ないのに信じる人は、幸い」

  15. 2020年10月27日「言の内に命があった」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。