3月8日「多くのものを管理させよう」

忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。(マタイによる福音書25章21節)

主イエスは福音の恵みを活用するようにと、タラントンのたとえを語った。主人から5タラントンと2タラントンを預かった2人の僕(しもべ)は、すぐに出かけてこれを活用し、主人が帰って来た時、倍にして差し出した。主人は喜び、彼らに対して今日の聖句を語った。反対に、1タラントンを預かった僕はこれを失くすと大変と考え、地中に隠しておき、主人が帰って来た時、そのまま返した。すると主人は「怠け者の悪い僕だ」と言って、彼を追い出した。

忠実な僕とは、第一に、神を信じ、福音に拠って立って生きる者である。そうでなければ、せっかく受けた福音の恵みを味わうことがないばかりか、福音という宝まで取り上げられてしまう。私たちは神を信頼し、神に祈り、み言葉に聴従する信仰によって、福音の恵みの深さ、広さを経験する。第二に、忠実な僕とは、福音という宝を託してくださった神の信頼に応えて働く者である。自分だけが福音という宝をいただいて満足するのではなく、他の人にも福音の恵みが届けられることを願って、福音を宣べ伝えることである。それが私たちキリスト者に対する主の期待である。

「悪い怠惰な僕」と言われた僕は、主人を恐ろしい方であると思った。しかし、それは思い違いである。主人は僕たちの成果を問うたのではなく、預かったものを活用する信仰を問うたのである。神は愛であると知る私たちは、結果を恐れないで、神の期待と信頼に応えて福音を宣べ伝えよう。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年8月9日「これはわたしの子、選ばれた者」

  2. 2020年8月4日「力は弱さの中でこそ」

  3. 3月23日「自分自身を罪に定めている」

  4. 1月9日「あなたがたは地の塩、世の光である」

  5. 2月25日「見よ、お前の王が、おいでになる」

  6. 2020年8月23日「憐れに思い」

  7. 2月28日「どうして礼服を着ないでここに入って来たのか」

  8. 2020年8月11日「収穫の主に願いなさい」

  9. 1月23日「私のこれらの言葉を聞いて行う者」

  10. 4月1日「永遠の命に導くのです」

  11. 2020年8月10日「人の子には枕する所もない」

  12. 2020年12月15日「イエスは、自ら十字架を背負い」

  13. 2020年10月22日「愛によって造り上げられて行く」

  14. 2020年9月9日「ここにはおられない。復活なさったのだ」

  15. 2020年12月1日「あなたがたも互いに洗い合わなければならない」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。