3月9日「わたしにしてくれたことなのである」

はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。(マタイによる福音書25章40節)

主イエスは終わりの日の神の審判について語った。今日の聖句のように、王である神は他者の助けなしに生きられない最も小さい者を「わたしの兄弟」と呼び、その兄弟を助けた人たちに、「お前たちは、わたしが飢えていた時に食べさせ、のどが渇いていた時に飲ませ、旅をしていた時に宿を貸し、裸のときに着せ、病気の時に見舞い、牢にいた時に訪ねてくれた」と言う。終りの日、神はこの人々に「神の国を受け継ぎなさい」と言い、反対に、最も小さい者に何もしなかった人々には「永遠の火に入れ」と言う。

私たちは神の国を受け継ぐ人間だろうか、それとも永遠の火に入れと言われる人間か。主の言葉の前で、自分が愛の貧しい人間、神の御心に応えていない罪人であると知る。まさに、この自分こそ助けを必要とする「最も小さい者」であることに気づかされる。自分が「最も小さい者」であると気づく時、そのような者を「わたしの兄弟」と呼んでくださる主イエスの愛が迫って来る。主の愛に慰められ癒(いや)されて、私たちもまた助けを必要としている隣人のために生きるようにと促される。自分にできることは水一杯を差し出すという小さなことかもしれない。しかし、主の愛が私たちを隣人のいる場所に押し出すのである。「もし私たち自身がキリストに触れることなく、人々に触れるなら、空しく感じるでしょう。...キリストが私たちを選び、私たちを遣わされるのです。私たちが貧しい人たちにしている奉仕は、神の愛の語りかけです。ですから、神の愛と切り離して、私たちの働きはありません」(マザー・テレサ)。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年11月3日「その独り子をお与えになったほどに」

  2. 2020年12月30日「この聖書の言葉は、今日、実現した」

  3. 2020年10月2日「賛美の歌を歌って神に祈っていると」

  4. 2020年10月12日「イエス・キリストについて教え続けた」

  5. 3月18日「だから、すべての民をわたしの弟子にしなさい」

  6. 2月14日「この岩の上にわたしの教会を建てる」

  7. 2020年12月8日「その悲しみは喜びに変わる」

  8. 3月23日「自分自身を罪に定めている」

  9. 2020年10月25日「キリストと教会について述べている」

  10. 2月22日「わたしは、同じように支払ってやりたいのだ」

  11. 2020年8月9日「これはわたしの子、選ばれた者」

  12. 2020年9月3日「わたしの血による新しい契約」

  13. 4月11日「神の義に従わなかったから」

  14. 2020年11月15日「渇いている人はだれでも」

  15. 2020年11月26日「いつも一緒にいるわけではない」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。