3月24日「キリスト・イエスを通して、明らかになるでしょう」

そのことは、神が、...人々の隠れた事柄を、キリスト・イエスを通して裁かれる日に、明らかになるでしょう。(口ーマの信徒への手紙2章16節)

神は人間に神の御心(みこころ)を行うことを求める。人間は応答責任を持つ者として神に創造されたからである。神の御心は、聖書に記されている律法に啓示されている。終わりの日に、神はご自分の義を示すために、律法によって人間を裁く。

しかし、律法を知らなかった者が裁かれるとすれば不公平ではないのか。パウロはこの問いに答えて、律法を知らなかった人間も「律法の要求する事柄がその心に記されている」(15節)のであり、このことは彼らの「良心」が証明していると言う。そして、今日の聖句によって、すべての人間の心に神の律法が記されていることは、神の裁きの日に明らかになると語る。

良心とは、神の律法をキャッチするアンテナである。悪いことを企(たくら)むと、良心がその悪を告発する。また、良心は「お前の人生はこれで良いのか」という神の問いかけをキャッチする。人間の心には律法が記され、良心がこれを証明しているので、律法を知らない者も神の裁きを免れることはない。この地上には不条理な悲しみが満ちていて、どこに神の義が支配しているのかと思われる。しかし、人間に誕生と死があるように、この世も終わりが来る。その日、神は行いに応じて人を裁き、ご自分の義を示される。しかし、私たちのために御子イエス・キリストを与えてくださった神を信じる私たちは、裁きの日を恐れない。その日、私たちが「顔と顔とを合わせて」(Iコリント13・12)仰ぎ見る神は、罪を裁く義なる神であるが、私たちの罪を御子によってまったく贖(あがな)われた慈愛の神であるから。私たちはその日に備えて、今日も、神の義と慈愛に応えて、神の御心を行う。

Share

Related Posts

None found

  1. 【クリスチャンな日々】第33回 クリスチャンには「うっせぇわ」が足りない MARO

  2. 【Road to えきゅぷろ2022】 模索の中の「えきゅかふぇ」の可能性

  3. 5月15日「悪霊は、もう出てしまった」

  4. 世界共通語という「希望」

  5. 神さまが共におられる神秘(13)稲川圭三

  6. 2020年11月16日「罪のない者が、まず」

  7. アメリカ史上、バイデン大統領とケネディ大統領だけに共通すること

  8. 007の誕生日? ジェームズ・ボンドの本当の姿

  9. キリスト教の「禁教」はまだ解除されていない? 

  10. 【東アジアのリアル】 コロナ禍の韓国教会における礼拝認識の変化 李 恵源 2020年11月1日 

  11. クリスチャンの年賀状事情 〜今日から年賀郵便の受付開始です〜 

  12. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第7回 洗礼式にて

  13. 2020年11月5日「わたしが与える水を飲む者は」

  14. 街の人々の時計がわりになった偉大な哲学者

  15. 【夕暮れに、なお光あり】 コロナ禍での愛の交わりを求めて 細川勝利

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。