3月26日「正しい者はいない」

正しい者はいない。一人もいない。...彼らの目には神への畏(おそ)れがない。(ローマの信徒への手紙3章10、18節)

パウロはすべての人間が罪の下にあることを、冒頭の旧約聖書の言葉によって示す。これは詩編14編の引用で、「主は天から人の子らを見渡して」という前文がある。人間の目から見れば善人と悪人の区別はあっても、神の目から見れば区別はないと言う。聖書が言う「罪」とは、個々の罪悪や犯罪のことだけではない。人間が神の栄光を現す者として創造されたのに、神を侮り、自分勝手な道を歩んで、神との関係を踏み外していることである。人間が「平和の道を知らず」(17節)、社会に「破壊と悲惨がある」(16節)のは、詰まるところ、「神への畏れがない」(18節)罪に起因していると聖書は言う。

会社ぐるみの不正事件で、社員が「いつかはばれるだろうという恐れはあった」と答えていた。これは犯罪がばれて社会の制裁を受ける恐れであって、悪を行う自分が恐ろしいのではない。しかし、神は侮られる方ではない。人の目をごまかし、その場をしのげても、神の裁きを免れることはできない。神は聖書を通し、また良心を通して、戒めを与えておられるので、神の裁きの日には「すべての人の口がふさがれ」(19節)るほかないのである。病人が医者の診断によって自分の病を知り、放っておけば死んでしまうと分かれば、真剣に治療を求めるように、自分の罪を示されたならば、罪の赦(ゆる)しと癒(いや)しを求めて神の前に出なければならない。「人の前で話すことが出来る自分の考えとか、思想によって、私たちは神にお会いすることはできないのです。人にも言えない、自分だけが悩んでいる、また恥じている、そこでしか神にお会いできないのです」(森有正)。

Share

Related Posts

None found

  1. 島原の乱は「宗教戦争」ではなかった

  2. 8月31日はダイアナ元妃が亡くなった日

  3. 2020年10月26日「強くなりなさい」

  4. 神さまが共におられる神秘(66)稲川圭三

  5. 2020年11月2日「水と霊とによって生まれなければ」

  6. ドン・キホーテとヨブとさんまさん

  7. 2020年9月2日「わたしの言葉は決して滅びない」

  8. 【連載小説】月の都(11)下田ひとみ

  9. 【クリスチャンな日々】第23回 カシオペヤのゲシュタルト崩壊 MARO

  10. 【連載小説】月の都(5)下田ひとみ

  11. 「ストイック」の語源になった人たちと、そこから出た皇帝

  12. 3月15日「そうすれば、信じてやろう」

  13. 2020年11月22日「わたしは良い羊飼いである」

  14. 古代ローマ最強弁護士の名演説 〜キケロのカティリナ弾劾演説〜

  15. 2020年12月1日「あなたがたも互いに洗い合わなければならない」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。