4月3日「義のための道具として神に献げなさい」

自分自身を死者の中から生き返った者として神に献げ、また、五体を義のための道具として神に献げなさい。(ローマ信徒への手紙6章13節)

罪は、神を畏(おそ)れず、自分の思うままに生きようとする人間の欲望に乗じて、人間を支配する力である。罪に支配されていた時、私たちは神を知らず、希望がなく、死で終る人間であった。しかるに、神は御子イエスを遣わして、私たちを罪から解放し、死者の中から救ってくださった。私たちは、神が主イエスの死と復活によって、「お前を罪から贖(あがな)った」と差し伸べる御子を、「アーメン、信じます」と言って握り返す信仰によって、神に義とされた。「信仰によって義とされる」、これが「ローマの信徒への手紙」の主題である。信仰によって、私たちは罪と死の支配から引き出してくださった神の恵みのもとに生きる者となったのである。

今日の聖句は、神の恵みのもとに生きるキリスト者への勧めである。人間は本来、神の栄光を現す者として創造されたのに、罪に支配されて、自分の栄光を求めて生きる者となり、神の前に失われた存在、死んでいた存在になってしまった。しかし、今や、神の恵みによって死者の中から生き返ったキリスト者は、神の恵みに応えて自分の体を献(ささ)げ、神の栄光のために生きる。死に至るまで父の御心に従い、ご自分の体を献げられた主イエスを仰ぎつつ、その後に従う。私たちが神の栄光のために、自分の体を献げて生きようとする時、罪との戦いを避けることができない。罪の体に悩まされ、弱い自分に泣くこともある。しかし、私たちは神のものであり、もはや罪が私たちを支配することはない。この救いの事実を、私たちはバプテスマによって内に刻みつけていただいたのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 初めての大統領選挙 ジョージ・ワシントンの精神

  2. 【今日は何の日】2002年7月19日 藤井聡太棋聖の誕生日

  3. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第3回 教会にて

  4. 【夕暮れに、なお光あり】 もっと教会のことばを 上林順一郎

  5. 2020年9月29日「主イエスの恵みによって救われる」

  6. 4月27日「互いに挨拶を交わしなさい」

  7. 1月24日「よろしい。清くなれ」

  8. 2020年9月24日「神は、お示しになりました」

  9. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第4回 田舎にて

  10. 【クリスチャンな日々】第30回 イエス様は離乳食の名人 〜たとえ話のたとえ話〜

  11. 2020年9月6日「そして、激しく泣いた」

  12. 2月4日は立春

  13. 4月22日「わたしたちは主のもの」

  14. 3月18日「だから、すべての民をわたしの弟子にしなさい」

  15. 【今日は何の日】69163年7月26日 水星と金星の太陽面同時通過

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。