4月18日「キリストに結ばれて」

わたしたちも数は多いが、キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、各自は互いに部分なのです。(ローマの信徒への手紙12章5節)

私たちの信仰生活は、一人ひとりが神を信じて生きるのであるが、それとともに、主にあって互いに結ばれた信仰共同体の一員として生きるのである。私たちが共に神を礼拝し、共に神に仕える教会を、イエス・キリストはご自身の体とし、この地で働かれる。教会はキリストの体であり、私たちはその肢体である。手や足が体から切り離されたら、血液が流れないために死んでしまうように、もし私たちがキリストの体である教会から離れるならば、キリストの血が流れないために、次第にキリストの命を失ってしまうのである。

パウロは「自分を過大に評価してはなりません。むしろ、神が各自に分け与えてくださった信仰の度合いに応じて慎み深く評価すべきです」(3節)と言って、私たちがキリストの体として互いに結ばれるための要件を示す。「信仰の度合いに応じて」とは、各自が人と比べるのでなく、ただ神との関係の中で、神の恵みに応えてゆくことである。神の恵みを知り、これに応える信仰は、成長の度合いによって一人ひとり違う。ゆえに、各自は神との関係の中で、神に仕えればよい。人と比べない。人と比べると、自分を卑下したり、傲慢(ごうまん)になったりする。

「慎み深く評価すべきです」とは、人間の努力によって習得すべき謙遜ではなく、自分の働きはさまざまな働きの一つに過ぎないという自己理解である。自分は「神の恵みによって」このように働いているという感謝の自己評価である。大事なのは、「神の恵みによって」生かされている一人ひとりがいるという事実である。この事実に教会共同体の命がある。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】10月10日 マグロの日

  2. 神さまが共におられる神秘(13)稲川圭三

  3. 【今日は何の日】1378年9月20日 西方教会大分裂

  4. 2020年8月16日「お前が用意した物は、誰のものになるのか」

  5. 5月30日「まだ、世の終わりではない」

  6. 【連載小説】月の都(27)下田ひとみ

  7. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第14回 豆談義(その2)豚が食らう豆 齋藤篤

  8. 【トナリビトの怪】(1)地球をつかむ神の手 波勢邦生 『アーギュメンツ#3』

  9. 6月8日「不信仰とかたくなな心をおとがめになった」

  10. 9月2日はトールキンが亡くなった日

  11. 炎の絶縁宣言!! 〜教会からの手紙を焼いたルター〜

  12. 【今日は何の日】10月26日 歴史シミュレーションゲームの日

  13. 3月8日はニコライ堂の成聖式が行われた日

  14. 【聖書の不思議あれこれ!】第4回 「罪」ってナニよ? その2 パダワン青木

  15. 6月12日「固く結び合いなさい」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。